アクロコルドンが取れた女性

アクロコルドンの原因から取り方!薬やクリームを使った方法について

20代や30代の若い男女だけでなく、40代や50代と多くの人が悩むのがアクロコルドンです。

首や顔にできることの多い、老人性イボ・脂漏性角化症・角質粒と呼ばれる一種なのですが、ぽつぽつと沢山できることも多く、非常に目立ちます。

からだに害を及ぼす悪性の腫瘍でもなければ、ウイルス性のイボとも違います。但し、老けて見えるだけではなく、気持ち悪く見えてしまいます。

その為、アクロコルドンを取りたいって人は多いです。

ここではアクロコルドンの取り方や人気のクリームを紹介しています。自分で取る方法やレーザーや液体窒素などの皮膚科での治療までまとめて解説しています。

首・顔・脇などのアクロコルドンを取り方をお探しの人はご覧ください。

アクロコルドンとは?!首や顔にできることの多い老人性イボ

アクロコルドンは首や顔にできることの多いいぼです。

からだの中でも皮膚が柔らかい場所に発生することが多く、紫外線ダメージを浴びやすい顔や首だと多くできてしまうことがあります。

数ミリ程度の小ささではあるのですが、黒っぽく見えてしまうこともあり、非常に目立つのが特徴です。

別名で老人性イボ・老人性疣贅・角質粒・脂漏性角化症と呼ばれるのですが、サイズの小さいスキンタッグなどと一緒にできることがあります。

アクロコルドンの原因

アクロコルドンの原因となるのは肌力の低カです。

  • 紫外線による肌ダメージ
  • 加齢による肌機能の低下
  • スキンケア不足

皮膚はターンオーバーと呼ばれる周期で古い角質を剥がし、外に排出をする働きをしています。しかし、紫外線による肌ダメージや加齢による肌機能の低下によって、この働きが弱まってしまいます。

その為、首や顔の角質が肌に付着したままとなり、これが硬化してできるのがアクロコルドンとなります。

アクロコルドンの原因はウイルス感染などではなく、肌がもともと作りだしている古い皮膚である角質なのですね。その為、きちんとケアをしていくことが予防につながります。

首や顔にできやすい老人性イボ!但し脇や足にもできる

アクロコルドンは首や顔にできることが非常に多いイボです。

  • 皮膚が柔らかい
  • 紫外線を浴びやすい

首や顔は紫外線を浴びやすい箇所となっています。他のからだの部位に比べ、衣服などを着ていない為に、直射日光を浴びることになります。

ただ、必ずしも紫外線が浴びやすい場所にできる訳ではありません。

脇・足・腕・お腹など全身で発症をすることがあります。あくまでアクロコルドンの原因は肌機能の低下による角質が付着したままとなることです。

アクロコルドンの取り方

アクロコルドンの取り方としては2種類の方法からどちらを選ぶか決めていきます。

  1. 自宅で自分で取る方法
  2. 皮膚科や病院で取る治療

ウイルス感染が原因ではないので、自分で取る方法を試す人も非常に多いです。

クリーム・化粧品・薬などを使って自宅で取るのか、それとも皮膚科でレーザーや液体窒素で取るのかです。どちらの方法にせよ化粧品でケアをし続けることは必要となります。

自分で取る方法!薬・市販薬・化粧品で取る

病院へ行くのが面倒な人やまずは自宅で治療をしていきたいって人に人気なのが自分で取る方法です。

  1. ハサミ・爪きり・糸で切る
  2. 薬や市販薬で取る
  3. 化粧品でケア

但し、この中でもハサミなどを使って切る方法に関しては止めた方が良いです。イボが取れても再発して悪化をしてしまったり、激痛や跡が一生残ってしまうこともあります。

多くの人が自分で取る方法として行なっているのが市販薬や化粧品を使った方法です。

病院での治療と比べて手間がかからないですし、再発を防止する為の予防も行なうことができます。そのため、おすすめの取り方となっています。

皮膚科でを取る方法!炭酸ガスレーザー・液体窒素で除去

皮膚科や美容クリニックでもアクロコルドンの治療は行われています。

  1. ハサミで切除
  2. 液体窒素で除去
  3. 炭酸ガスレーザーで治療

皮膚科で行なわれているのが、ハサミによる切除と液体窒素で除去する取り方です。健康保険が使えるのでアクロコルドンの数が少なければ安い治療方法となります。

美容クリニックでは炭酸ガスでイボを削り取る方法が行なわれています。即効性のある方法でその場で取れますが、保険の範囲外となるので治療費は高額になってしまいます。

病院での治療は原因を解消する為化粧品でのケア

どの方法にしろ結局は化粧品によるケアが必要となります。

アクロコルドンは再発がしやすい病気でもあります。沢山できることがあることからも分かりやすいかと思います。

皮膚科でレーザーや液体窒素を使って取ることはできますが、発生してしまう原因を解消できている訳ではありません。肌の改善をしている訳ではないですからね。

その為、治療後には薬・化粧品・ビタミン剤などが処方をされるので、アクロコルドンの原因となっている肌の改善を行っていく必要があります。

その為、最初から化粧品を使ってケアをしていくって人は非常に多いです。

人気のアクロコルドンクリームはコチラ

イボクリームランキング

首や顔のアクロコルドンクリームとして人気のクリームランキングを紹介しています。

アクロコルドンは別名で老人性イボですが、ヨクイニンと杏仁エキスの両方が含まれたのが人気です。

自分で取る方法として化粧品でのケアを選んだ方はコチラで選び方なども紹介しています。

首イボや顔イボのヨクイニンクリーム

アクロコルドンのクリーム・薬・市販薬

アクロコルドンのケアとして使うクリーム・化粧品・化粧水としては老人性イボ用のを使います。

アクロコルドン・スキンタッグ・軟性線維腫をまとめて老人性イボと呼ぶので、原因は同じなので使う化粧品も同じで問題ありません。

アクロコルドン用の化粧品としては薬局やドラッグストアなどでは販売をしていないことが多いです。その為、通販などで購入をして利用をしている人が沢山います。

お手軽にできるケアなので、おすすめの方法となります。

薬や市販薬に含まれているのはヨクイニン

アクロコルドン用の薬や市販薬の主成分となっているのがヨクイニンです。

主成分がヨクイニンと添加物のみとなっている、アクロコルドン用の薬としては、イボコロリ内服錠やヨクイニン錠があります。イボ取り成分としても非常に有名です。

市販薬は副作用があったりもしますが、少し大きめの薬局やドラッグストアであれば、販売をしていることがあります。

ヨクイニンエキスと杏仁エキスが含まれたのが有効

アクロコルドン用の化粧品として大事な成分がヨクイニンエキスと杏仁エキスです。

ヨクイニンとはハトムギの種子から取れる成分なのですが、イボ取り成分としても有名で、多くの薬や漢方などに含まれています。

また、杏仁エキスが含まれた物であれば、杏仁オイルなどがあります。杏の成分となるのですが、保湿能力があり、肌の改善に役立つ成分となっています。

特にヨクイニンが含まれた化粧品がおすすめです。

杏仁オイルよりハトムギ化粧水がおすすめ

おすすめの化粧品としてはアクロコルドンクリームとして販売がされている化粧品です。

ヨクイニンエキスと杏仁エキスの両方が配合されている物が多いです。特に人気となっている『艶つや習慣』や『クリアポロン』にも2つの成分が含まれています。

そのためか、アクロコルドンが取れたなどの口コミも多く、効き目を実感している人が沢山います。

艶つや習慣であれば今までに50万個以上が販売されており、クリアポロンであれば、最近人気が上昇をしていて10万個を突破しました。

どちらも人気・評判が良いのでアクロコルドンクリームとしておすすめすることができます。

艶つや習慣の口コミはコチラ

艶つや習慣の口コミへ

オールインワンジェルとして人気なのが艶つや習慣です。日ごろのケアで化粧水・乳液・美容液・クリームを全て使ってはいない人におすすめです。艶つや習慣の体験談を紹介。

艶つや習慣の口コミへ

クリアポロンの口コミはコチラ

クリアポロンの口コミへ

ヨクイニンエキスと杏仁エキスだけでなく、美容成分が豊富なのがクリアポロンです。艶つや習慣よりは少し高いですが、肌に良い成分が豊富となっています。クリアポロンの体験談を紹介。

クリアポロンの口コミへ

スキンタッグや軟性線維腫との違い

アクロコルドンと同じで老人性イボにはスキンタッグや軟性線維腫があります。この3つに関しては同時に発症をしてしまう人も多いです。

スキンタッグであれば、アクロコルドンと同じぐらいのサイズで数ミリとなっています。但し、アクロコルドンと違いイボ状に突起をしているのが特徴となります。

軟性線維腫だと大きいもので1cmを超えて、丸く浮き上がったようになっているイボです。遠めからも非常に目立つのですが、沢山できるようなことはあまりありません。

スキンタッグも軟性線維腫もアクロコルドンもどれも老人性イボではあるのですが、それぞれサイズや特徴が異なってきます。但し、基本的には取り方も使う薬や化粧品に違いはありません。

アクロコルドンのまとめ

アクロコルドンは再発が非常にしやすいです。その為、取れた後に関しても数ヶ月間はケアをし続けた方が良いです。

炭酸ガスレーザーでの治療であれば、即効性はあります。ただ、費用は高く結局は化粧品でのケアも必要となります。また、病院での治療はどれも自然と取る訳ではないので、一生の跡が残ってしまうこともあります。

人によってどの方法を選ぶかは異なるので、様々なアクロコルドンを取る方法がありますが、おすすめは私も使ったことがある化粧品でのケアとなっています。

アクロコルドンの取り方についてもっと詳しく知りたいって人は下記をご覧ください。
首イボ・顔イボの取り方まとめ!自分で取る方法や皮膚科での治療

ピックアップ記事

  1. 老人性イボクリームとして価格も安く効果があると人気なのがアクアビューティーの艶つや習慣(つやつや習慣)です。

新着記事

  1. プレマームの口コミと感想
    人気が急上昇中の肉割れクリームがメニーナジューより販売がされている『プレマーム』です。メニー…
  2. くるぶしの黒ずみを解消する方法として重曹を使った方法があります。重曹は基本的には研磨剤などと…
  3. 肘の黒ずみは非常に目立ちます。その為、すぐにでも色が黒いのを解消したいので、即効性のある…
  4. 首や顔に化粧品を使う30代
    首イボや顔イボなど老人性イボを自分で取る方法として人気なのが化粧品や化粧水を使った方法です。…
  5. 10代や20代の女性だけでなく、男女性問わずに悩む肌トラブルが肉割れです。おしりや太ももにく…
PAGE TOP