乳首がヒリヒリと痛いのはかぶれが原因!適切なケア方法を解説!

乳首がヒリヒリと痛みを感じたのであればかぶれている可能性が非常に高いです。

かぶれることによる症状としてはヒリヒリとした痛みやかゆみです。乳首や乳輪といっても肌には変わりなく、肌トラブルが起きる箇所となります。

特に女性であればブラジャーを付ける為、蒸れやすくなっています。しかし、人前で胸の中に手を入れ汗を拭いたりすることも難しいので、不清潔な状態になりやすいのですね。

乳首には乳腺があったり、デリケートな部分となります。

そのため、かぶれだからといって安心することはできなく、何の対処をしないままだとどんどん症状が悪化する一方となります。また、刺激を与えることによって色が黒くなってしまったり、乳輪が大きくなるなどの病気とは別のことも起こります。

深刻な病気ではないので恐怖心にあおられる必用はありませんが、何のケアもしなければ症状は悪化をする一方となるので適切に対処するようにしましょう。

ここでは乳首がヒリヒリとした痛みやかゆいなどのかぶれの症状を改善させる為のケア方法を解説していきます。

乳首がかぶれる原因を解説

乳首がかぶれる原因としては雑菌が付着をしてしまったことによる炎症です。

大気中の汚れやブラジャーに付着していた雑菌などが乳首や乳輪に触れたことによって刺激となり、炎症を起こしてしまっているのです。そのため、ヒリヒリとした痛みやかゆみを引き起こしているのですね。

しかし、バストが潤った状態であれば多少の雑菌でかぶれたりすることはありません。

お肌の働きでバリア機能と呼ばれる刺激や雑菌から皮膚を守る働きがあります。このバリア機能がしっかりと働いてさえいれば多少の汚れが付いたとしても刺激を防いでくれるので皮膚を守ってくれます。

そのため、多少汚れが付着したからといって炎症をすることはありません。

ただ、乳首や乳輪が乾燥をしていれば保湿剤の膜が剥がれ、バリア機能が正常に働かないようになります。かぶれる根本的な原因は不清潔な状態となってしまっていることなのですね。

女性は特にブラジャーを付けるので蒸れやすく、乾燥がしやすいのでかぶれやすくもあります。

ヒリヒリとした痛みやかゆみがあらわれる理由

乳首といえど他の肌の部分とは基本的には同じで皮膚の細胞によってできています。

皮膚は刺激を与えるこ痛みやかゆみとして伝達をするようになっています。特にかぶれた状態は乾燥をしてバリア機能が正常に働いて痛いため、刺激を伝えやすくなっている為、かゆみなどの症状がおきやすいのですね。

足をぶつけたりすると痛みとは別にとっさにかきむしってしまう経験をしたことがあるはずです。熱いシャワーを浴びたりしたときも同様な経験があるはずです。

これは肌に刺激を与えてしまったのでかゆみとしてあらわれているのですね。

また、炎症をしている状態となるので少し触れた程度でヒリヒリとしてしまうのです。肌に合わない化粧品や石鹸を使うことでピリッとした痛みやヒリヒリとした痛みがあらわれるのと同じ理由なのですね。

乳首のかぶれを治す方法

かぶれのケアを解説する医者

乳首のかぶれを治す一番の方法としては清潔な状態にすることです。特に夏場の時期は蒸れやすく不清潔な状態になりやすいので注意が必要です。

  • ブラジャーは必ず毎日洗濯をした清潔なものを付ける
  • 衣服も同様に清潔なものを着る

また、バストに汗をかいたのであればトイレなどで隠れてでも良いので、優しくふき取るようにしましょう。すべらせるようにタオルを当てると、刺激でヒリヒリとした痛みを感じることもあるので、軽くトントンと叩くようにして水分を抜き取ってください。

乳首のかぶれを治すケアをする前にまずは症状が悪化しないようにすることが大事となります。そのために清潔な状態で刺激を与えないようにする必要があるのですね。

ただ、症状を悪化させないようにするだけでは治るのに時間がかかってしまいます。そのため、乳首のケアをして失われてしまっている肌機能が正常に働くようにする必用があります。

かぶれ対策としての乳首ケア方法

保湿剤の写真

乳首ケアの方法としては最も大事なのは保湿をすることです。

保湿をすることでバストのバリア機能を正常にすることが大事となります。肌が潤った状態になればバリア機能によって、外からの刺激や雑菌から守る働きをしてくれます。

胸といっても他のからだの部位と変わりはありません。乳腺が入っていたりしますが、皮膚を構成しているのは同じ皮膚細胞となっています。そのため、クリームなどで保湿ケアをしていくことが必要となります。

ただ、注意をしなければならないのが刺激です。化粧品には科学成分や肌への刺激となる成分が配合されているものも多いです。乳首使える低刺激で作られたクリームを使うと良いです。

乳首への刺激は黒ずみの原因へ!黒ずみクリームがおすすめ

黒ずみを嫌がる女性

乳首がかぶれてしまうことによって、肌への刺激となってしまいます。

肌には刺激から皮膚を守る働きをしているメラニンを生成するメラノサイトと呼ばれる細胞があります。しかし、メラニンは肌に付着をすることで色素沈着をおこしてしまいます。

その為、色を黒くしてしまうので、乳首や乳輪を黒くする原因になってしまいます。

乳首ケアとして使うクリームのおすすめは黒ずみクリームを使うことです。黒ずみクリームの多くはデリケートゾーンに使えるように低刺激で作られていることが多く、保湿成分と美白成分が含まれています。

その為、乳首に使えるだけでなく、色を黒くなるのを抑制しながら、保湿をしていくことができます。

乳首を洗うとヒリヒリと痛い人は石鹸が原因

石鹸の写真

かぶれの症状が悪化している状態でお風呂で乳首を洗っていると痛みを感じることがあります。

この原因は使用している石鹸やボディーソープにあります。ボディソープに配合がされている汚れを落とす成分は界面活性剤と呼ばれる食器洗剤に配合されているものと同様のになります。

洗浄力が高く安価な為、多くの石鹸やボディクリームに含まれている成分なのですね。高級な石鹸であろうと界面活性剤は含まれていることが多いです。

抜け毛に悩む人用の高級な育毛シャンプーを売りにしているにも関わらず、配合がされているほどなので値段が高いや肌に優しいと書かれていても信用をするのは危ないです。きちんと添加物などが含まれていないかなどを自分で確認をするようにしましょう。

乳首に使える保湿成分と美白成分が含まれた人気の黒ずみクリームに関しては下記で紹介しています。

乳首の美白クリームランキング!乳首の黒ずみをピンクにしたい

かぶれが治るまではデリケートゾーン石鹸を使う

アンボーテフェミニーナウォッシュ

肌に優しい成分で作られた石鹸があります。それがデリケートゾーン石鹸です。

乳首やおまたのデリケートな部分用に作られたボディーソープとなっているので刺激となる成分に配慮して作られています。成分にこだわって作っている為、石鹸に比べると少し高めのものが多いです。

そのため、かぶれが治るまでの間だけでも使うようにすると良いです。

できればオーガニック成分などで作られたものだと刺激も弱いのでおすすめとなります。最近であれば「アンボーテフェミニーナウォッシュ」と呼ばれるものが人気となっています。

デリケートゾーン石鹸で日本初のコスモス認定をされた石鹸で、配合されている成分のほとんどが自然由来のものである証明となっています。(コスモス認定を受ける基準として配合されている成分の95%以上がオーガニック成分である必要があります。)

わたしの知る限りコスモス認定を受けているデリケートゾーン石鹸は、アンボーテだけとなるのでおすすめすることができます。

アンボーテフェミニーナウォッシュの詳細へ

ピックアップ記事

  1. 老人性イボクリームとして価格も安く効果があると人気なのがアクアビューティーの艶つや習慣(つやつや習慣)です。

新着記事

  1. プレマームの口コミと感想
    人気が急上昇中の肉割れクリームがメニーナジューより販売がされている『プレマーム』です。メニー…
  2. 肘の黒ずみは非常に目立ちます。その為、すぐにでも色が黒いのを解消したいので、即効性のある…
  3. 首や顔に化粧品を使う30代
    首イボや顔イボなど老人性イボを自分で取る方法として人気なのが化粧品や化粧水を使った方法です。…
  4. 10代や20代の女性だけでなく、男女性問わずに悩む肌トラブルが肉割れです。おしりや太ももにく…
  5. 肌トラブルのなかでもやっかいなのが肉割れです。おしりや太ももをはじめ、二の腕やお腹など全身に…
PAGE TOP