首や顔の老人性イボとウイルス性イボの違い!同じイボでも全く違った

肌トラブルとして誰もがかかる可能性があるとされるのが老人性イボです。しかし、イボには種類が何百種類もあり、もうひとつの発症することが多い病気としてウイルス性イボと呼ばれるのがあります。

この2つは同じイボでも症状も異なれば、からだにできやすい部位なども異なってきます。似たような名前ですが全く別物となるのですね。

全く知識がない素人ですとこの2つのどちらの病気にかかっているのか判断をするのは難しいですが、大抵はからだのどこの部分にできたのかなどにもよって判別することができます。老人性イボはそれだけからだの中でも非常にできやすい部分があるのですね。

ここでは、老人性イボとウイルス性イボとではどういった違いがあるのか解説していきます。からだのどの部位にできるかにもよってすぐに病院へ行った方が良いのかの判別をすることができます。

首や顔の老人性イボとウイルス性イボの違い

2つのイボに関してはいくつかの違いがあります。何百種類もある中の大きなくくりとなっているので、細かい部分はどのイボなのかにもよって変わってくることもありますが、主に下記の5つとなります。

  1. 他人に移ったり感染するのか?
  2. 体に害があるのか?それとも無害なのか?
  3. どんな治療方法を行うのか
  4. イボができやすい身体の部位
  5. 完治するまでの治療期間

からだの出来やすい部分が異なるだけでなく、他人に移ったりするのかなど全く異なる病気となります。また、治療が完了するまでの期間に関しても全く異なってきます。

具体的に上記の項目を踏まえ、老人性イボとウイルス性イボの特徴を紹介していきます。

首や顔の老人性イボの特徴

老人性イボに関しては無害の良性腫瘍となります。ポツポツと皮膚が膨らんだ感じの見た目をしています。

からだに害がある訳ではないので、見た目的には気持ち悪いですが健康的な部分に関しては心配をする必要はありません。他人に移ったりする心配も必要がなければ、他の病気にかかるようなこともないです。

子供と一緒にお風呂へ入ったり、同じお湯に使っても問題はないので安心をしてください。

治療期間に関しては病院で手術を行えば数回程度で完治をします。再発をがしやすい特徴はありますが、治すのはそこまで難しいことではなく、自宅で薬や化粧品を使って治療をする人も多いです。

特にからだの中でも首、顔、胸元にできることがほとんどで、首イボ、顔イボ、胸元イボなどと呼ばれたりしています。

ウイルス性イボの特徴

ウイルス性イボはウイルスが感染したことによってできるので悪性腫瘍となります。黒い芯のようなのが肌に入っており、一般的にイボといえば思い浮かぶ人が多いのがウイルス性イボです。

種類によっては他人に移ることもあるのでできるだけ早く治療をした方が良いです。治療方法としては病院で手術をするのと自宅で市販薬を使う方法と2種類です。有名な市販役としては『イボコロリ液体タイプ』があります。

治療期間としては明確なものはありません。3ヶ月程度で完治をしたって人もいれば1年以上、病院を通院している人もおり様々となります。半年程度はかかると考えておいた方が良い病気となります。

老人性イボ同様に再発することも多いので、一度症状がなくなったとしても皮膚の奥にウイルスが潜んでおり、また症状がでてくることもあるので常に清潔な状態にするように気おつけた方が良いです。

特にからだの中でも足の裏にできることが非常に多いです。自宅内で裸足で歩くことによりほこりやゴミを踏んだり、靴を履いて歩くことによって蒸れる、雨水が靴にしみこんでくるなど不衛生になりやすい部分なので足裏にできます。

老人性イボができる原因が皮膚の角質が関係しているのに対し、ウイルス性イボはウイルスが関係をしているので清潔な状態を保つことが非常に大事となります。

首や顔にできたイボなら老人性イボを疑おう

首や胸元にできたイボに関しては老人性イボであることが非常に多いです。イボというと病気のようにも感じますが、原因はスキンケアがしっかりとできていなかったことが関係をしています。

顔に関しては毎日化粧品やクリームを使っている人がほとんどですが、首や胸元までケアをしている人はそこまで多くありません。そのため、圧倒的に首や胸元にできやすいイボの一種となります。

首や胸元にできたのであれば大抵は老人性イボといわれるぐらい発症することが多いので、からだのどの部位にできたのかによって判断をすると良いです。

無害の良性腫瘍となるので医者によっては問題ないのでそのまま生活して下さいと診察をする人は多いですが、見た目的にはよくありません。他人からしたら何も知識がないので移されないかと心配なので嫌がられることもあります。

そのため、できるだけ治療を行い除去をすることがおすすめです。病院へ行かなくとも自宅でも治療は行うことはできるので時間と手間をかけたくない人でも問題はないほど簡単です。

原因と人気の治療方法に関しては下記で解説しています。
老人性イボの原因は皮膚の角質

ピックアップ記事

  1. 老人性イボクリームとして価格も安く効果があると人気なのがアクアビューティーの艶つや習慣(つやつや習慣)です。

新着記事

  1. プレマームの口コミと感想
    人気が急上昇中の肉割れクリームがメニーナジューより販売がされている『プレマーム』です。メニー…
  2. 肘の黒ずみは非常に目立ちます。その為、すぐにでも色が黒いのを解消したいので、即効性のある…
  3. 首や顔に化粧品を使う30代
    首イボや顔イボなど老人性イボを自分で取る方法として人気なのが化粧品や化粧水を使った方法です。…
  4. 10代や20代の女性だけでなく、男女性問わずに悩む肌トラブルが肉割れです。おしりや太ももにく…
  5. 肌トラブルのなかでもやっかいなのが肉割れです。おしりや太ももをはじめ、二の腕やお腹など全身に…
PAGE TOP