乳首の黒ずみを解消する方法!黒ずみを除去したい人は?

乳首の黒ずみを解消したいなんてことはありませんか?

色が黒いからといってあきらめてしまう必用はありません。黒ずみはあくまで病気ではなくシミと同じように原因があります。

そのため、乳首や乳輪の黒ずみを除去しようとする女性は多いです。色が黒いことによって男性からの印象は最低ですからね。

しかし、乳首の黒ずみを解消といっても様々な方法があります。費用、リスク、効果なども異なってくる為、人によってどの方法を行うかは異なってきます。

そのため、ここではどんな方法があるのか?
そして、おすすめの黒ずみを解消する方法は何なのか?

理由を含めて解説していきます。

乳首の黒ずみの原因は日焼けと同じ!

黒ずみを解消する為に最も大事なことが原因を知ることです。原因が分からなければ色が黒ずんでしまうこともありますし、効き目が弱ければどんどん色が濃くなってしまうことにもなりかねません。

きちんと黒くならないようにし、黒ずみを除去していくことで効果を得ることができるのですね。

乳首の黒ずみの原因としては聞きなれた言葉である日焼けと基本的には変わりありません。からだの中で作られたメラニン色素が色素沈着をすることによって色が黒く見えるようになってしまうのです。

日焼けをすることで色が黒くなるのは紫外線による刺激を肌に与えてしまっているからです。

メラニン色素は肌への刺激から守る為にメラノサイトで作られ分泌を行います。そのため、紫外線によって刺激を与えることでメラニンが作られ黒ずみができてしまっているのですね。

ただ、日焼けの原因が紫外線であるのに対して乳首はブラジャーや衣類がこすれた刺激によるものとなります。刺激を与えてメラニンが色素沈着することが黒ずみの原因となっているのですね。

黒ずみを予防するためには保湿をするのが大事

肌は保湿をすることで保湿剤の膜が外からの刺激を守る働きがあります。この働きをバリア機能と呼ばれるのですが、乾燥をした状態ではこの肌機能は正常に働きません。

そのため、乾燥した乳首や乳輪はちょっとした刺激によってメラニンが分泌がされやすいのですね。

保湿をすることでバリア機能を高め、刺激に強い肌を作りだすことによって、メラニンが分泌されるのを予防することができるのですね。

乳首の黒ずみで悩んでいる人は乳首ケアを行う人が多いのは保湿をする為でもあるのです。

乳首の黒ずみを解消する方法

乳首の黒ずみを解消する方法としては薬を用いるか医薬部外品を使うのが一般的です。他に皮膚科でのレーザー治療もありますが総額で30万円程度かかりますので金額は問わないって人は検討をするのもひとつの手ではあります。

ただ、個人的には高額だから効き目が高いって訳ではないのであまりおすすめはしません。

薬としては有名なのがハイドロキノンとトレチノインと呼ばれる日本では薬局では販売付加の物を使った方法です。ハイドロキノンによってメラニンの量を減少させ、トレチノインによって色素沈着をした皮膚を外に排出する効果があります。

ただ、両方とも肌に与える刺激が強い為、副作用が起きることも多いです。そのため、日本では病院でしか販売することができない薬として認定がされており、皮膚科などで診察をして処方してもらう必要があります。

乳首をピンクにする薬の副作用

おすすめなのが乳首の医薬部外品で美白をする方法

人気となっているのが医薬部外品の美白クリームを使い、黒ずみを解消していく方法です。

薬ではないので副作用の心配は一切ありません。肌への刺激を与えるのではなく、美白成分と保湿成分によって乳首ケアを行うことができるのが美白クリームです。

メラニンの生成を抑制する美白成分と保湿成分によって黒ずみに効果が働いていきます。

肌にはトレチノインと呼ばれる薬と同じようにターンオーバーによって古い皮膚(角質)を剥がす働きが備わっています。足に角質が溜まることがありますがあれは古くなった皮膚細胞で、常に新しい皮膚細胞が生まれ変わっているのですね。

ターンオーバーを促進させる成分、美白成分、保湿成分と3種類入っているのが医薬部外品として厚生省より認可されている美白クリームとなるのですね。

安全に使うことができ、通販で購入することができるので医者に胸を見られるようなこともありません。そのため、利用者も多くおすすめすることができる乳首の黒ずみを解消する方法となります。

黒ずみを除去するのにかかる期間は?

乳首の黒ずみを除去する為の即効性のある方法はありません。

長年、蓄積されたメラニンなどによって色が黒く見えていますし、肌のターンオーバーもすぐに行われる訳ではありません。そのため、最低でも3ヶ月はかかると考えた方が良いです。

肌のターンオーバーはクリームを使いケアがしっかりできている人で28日周期で行われています。20代を過ぎた頃より肌の老化が始まる為、30代ぐらいだと3ヶ月程度の周期で皮膚が生まれ変わっている人も多いです。

そのため、黒ずみを除去するための期間は3ヶ月程度かかることが多いのですね。

乳首をピンクにする薬であるハイドロキノンとトレチノインを使うことでもう少し早い段階で黒ずみを除去することができることもあります。ただ、副作用である刺激によって乳輪が大きくなってしまったり、効き目が左右異なってしまうことで色が不揃いになることもあります。

リスクなく安全に乳首の黒ずみを解消したいのであれば美白クリームを使うようにしましょう。

乳首を美白するスキンケア

ピックアップ記事

  1. 老人性イボクリームとして価格も安く効果があると人気なのがアクアビューティーの艶つや習慣(つやつや習慣)です。

新着記事

  1. プレマームの口コミと感想
    人気が急上昇中の肉割れクリームがメニーナジューより販売がされている『プレマーム』です。メニー…
  2. 肘の黒ずみは非常に目立ちます。その為、すぐにでも色が黒いのを解消したいので、即効性のある…
  3. 首や顔に化粧品を使う30代
    首イボや顔イボなど老人性イボを自分で取る方法として人気なのが化粧品や化粧水を使った方法です。…
  4. 10代や20代の女性だけでなく、男女性問わずに悩む肌トラブルが肉割れです。おしりや太ももにく…
  5. 肌トラブルのなかでもやっかいなのが肉割れです。おしりや太ももをはじめ、二の腕やお腹など全身に…
PAGE TOP