乳首をピンクにする薬の副作用と効果!乳首をピンクにしたいなら!

乳首の黒ずみをピンクにする薬として有名なのがハイドロキノンです。しかし、副作用のある薬でもあるため、取り扱いには注意が必要となります。

ハイドロキノンは日本では薬局やドラッグストアでの販売がされていません。そのため、入手をするのであれば病院へ行き、処方をしてもらう必要のある薬です。

また、もうひとつの購入方法としては輸入代行業者を利用することです。海外ではハイドロキノンを店頭販売している国もありますので、変わりに購入をしてきてくれます。その後、発送をしてくれるので通販を利用するのと同じ感覚での購入が可能です。

有名なのでユークロマクリームとなります。

ただ、日本で乳首ピンク薬であるハイドロキノンが市販されていないのには副作用がある為です。とても効果がある分、肌への刺激があるのですね。

ここでは乳首ピンク薬の効果と副作用について解説しています。乳首をピンクにしたいって人は利用をする前に必ずご覧ください。

乳首をピンクにする薬の効果

乳首をピンクにする薬に配合されているハイドロキノンには強力な美白効果があります。また、他の美白成分とは違いメラニンの発生源となるメラノサイトの細胞を減少させる効能があると言われています。

乳首が黒い原因は分泌されたメラニンが色素沈着をしていることなので、その根本を少なくしてしまう効き目があるのですね。

また、シミの改善やニキビ後による色素沈着にも効き目がある薬です。

化粧品や医薬部外品とは異なり肌への強力な作用があるのでクリームに配合されている成分もたった4パーセント程度と少なかったりします。

使う人の多くはまずは1パーセント配合されているクリームを使って様子を見るなど注意する人が多いです。効き目が弱いのであれば少しづつハイドロキノンが配合されている量が多いクリームを使っています。

乳首をピンクにする薬の副作用

肌への刺激が強い成分となる為、副作用としてはかぶれ、かゆみ、炎症などです。

ただ、乳首や乳輪はからだの部位でもデリケートな部分となります。また、メラニンが体内で作られる原因も肌への刺激です。

そのため、黒ずみが余計に黒くなってしまったり、人によっては乳輪のサイズが大きくなってしまったなどと口コミで書かれているのを見かけることができます。中には片方の乳輪にだけ効き目がでてしまい、色が左右合わないなんてこともあるのですね。

乳首をピンクにする薬の効果は強力です。ただ、日本では市販してはいけないことになっていることから分かるように副作用もあるのであまり利用はおすすめできません。

胸に使うことでバストが赤く腫れるなどはまず起こると考えた方が良いです。

おすすめはクリームを使った美白方法

乳首をピンクにしたい人に人気となっている方法が専用の美白化粧品を使うことです。

医薬部外品となっている黒ずみ美白クリームを塗る方法で、薬のように副作用がある訳でもありません。そのため、安全に乳首を美白することができるのですね。

また、医薬部外品で副作用もないため、病院で購入をする必要もありません。そもそも皮膚科などでの販売は行っていないはずです。

通販限定で販売をしているものが多く、効果があったと評判の多くのクリームが厚生省より医薬部外品としての認可が下りています。薬用成分が配合されている証拠でもあるのですね。

毎日、乳首や乳輪に塗れば良いだけなので手間もかかりません。安全に乳首の美白を行える方法となるので、乳首をピンクにしたいって人には黒ずみクリームを使うのがおすすめとなります。

ただ、黒ずみクリームであればどんな物でも良いわけではなく、バストにも使えるようになっている専用のを使うようにしましょう。

人気の美白クリームについては下記で紹介しています。
乳首の美白クリームランキング!乳首の黒ずみをピンクにしたい

ピックアップ記事

  1. 老人性イボクリームとして価格も安く効果があると人気なのがアクアビューティーの艶つや習慣(つやつや習慣)です。

新着記事

  1. プレマームの口コミと感想
    人気が急上昇中の肉割れクリームがメニーナジューより販売がされている『プレマーム』です。メニー…
  2. 肘の黒ずみは非常に目立ちます。その為、すぐにでも色が黒いのを解消したいので、即効性のある…
  3. 首や顔に化粧品を使う30代
    首イボや顔イボなど老人性イボを自分で取る方法として人気なのが化粧品や化粧水を使った方法です。…
  4. 10代や20代の女性だけでなく、男女性問わずに悩む肌トラブルが肉割れです。おしりや太ももにく…
  5. 肌トラブルのなかでもやっかいなのが肉割れです。おしりや太ももをはじめ、二の腕やお腹など全身に…
PAGE TOP