産後のお腹の黒ずみケア!黒ずみの原因やケアの仕方

産後にお腹に黒ずみができる人は多いです。

特におへそにかけて縦の黒い線が入ることは妊婦の多くが経験しています。この線のことを正中線と呼び、妊娠することによって女性ホルモンのバランスが崩れた為にメラニンが色素沈着をしているのが原因となります。

また、産後は女性ホルモンの影響によってメラニンば分泌されやすいだけでなく、皮膚も乾燥がしやすくなっています。そのため、お腹だけでなくワキや乳首やデリケートゾーンにも黒ずみができやすいです。

産後におへそにできた黒い線をどうにかしたい
お腹をかいていたら黒くなってしまった
お腹や乳首に黒ずみができた

これらのことにお悩みの方はご覧ください。
産後に黒ずみができた原因からケアの方法まで詳しく解説しています。

産後のお腹に黒ずみができる原因

お腹にできる黒ずみはからだの中で作られたメラニンが肌に付着して色素沈着をしている為です。

おへそに縦に1本黒ずみの線ができる
乾燥してお腹をかいた部分が黒い

産後にお腹に黒ずみができたのであれば上記のどちらかにあてはまるはずです。

妊娠をすることによって女性ホルモンのバランスが崩れるとメラニンの分泌量が多くなります。また、肌に刺激を与えることでメラニンが作られる原因となります。

産後に黒ずみができやすい理由としては乾燥をしてしまうからです。

乾燥した肌はバリア機能が低下をする為、刺激を軽減することができません。女性ホルモンが乱れ、乾燥した肌に与えられた刺激によってメラニンが作られ、肌に付着しているので黒ずみができるのですね。

特に妊娠中はお腹が張ってしまうため、衣服が擦れた刺激が与えられやすいです。
そのため、お腹に黒ずみができやすくなっています。

産後のお腹の黒ずみは自然と消えるのか?

産後にできたお腹の黒ずみは時間がたつと消えることもあります。
ただ、必ずしも消える訳ではないので注意が必要です。

出産をすることによって女性ホルモンの分泌もだんだんと正常になってきます。そのため、肌にも潤いが戻ってきてターンオーバも正常の周期で行われるようになってきます。

そのため、産後は自然とお腹の黒ずみが消えることもあるのですね。

ただ、人によってはメラニンの蓄積量も異なってきますし、スキンケアがしっかりとできていなければターンオーバも乱れたままです。そのため、お腹の黒ずみが消えないで残ってしまうことがあるのですね。

ママ用の雑誌やwebサイトでは自然と消えるので問題ないと書かれていたりすることもあるので、気おつける必要があります。実際にyahoo知恵袋と呼ばれる掲示板でも消えると思っていたら消えずに残ってしまった人の質問がされています。

消えると信じてたのに!一人目、二人目の時へそ下に出来ていつの間にか消えたのに三人目産んだ今はへそ上にまで出来てしまった。しかも消えない。ショックすぎる。掲載元:Yahoo!知恵袋

産後のお腹の黒ずみは自然と消えることもありますが、必ずしもではありません。

お腹の黒ずみケアをする人が多い理由

お腹の黒ずみはおへそを中心として縦に1本線が入ってしまうことが多いです。
まるでお腹を切り裂いた手術跡のようにくっきりと残ってしまうことも多いです。

正中線と呼ばれる線にそって色素沈着をしている為となるのですが、非常に目立つことになるのですね。

そのため、水着を着ることができないので海にいけないって人も多いです。
また、子供とプールにも一生行けないなんてことにもなりかねません。

そのため、産後にはお腹の黒ずみケアをする人は多いのですね。
また、妊娠をすると似た肌トラブルで妊娠線があります。

妊娠線ケアだと正中線のケアをすることはできませんが、正中線ケアであれば妊娠線のケアを同時に行うことができます。
そのため、産後はお腹の黒ずみケアをする人が多いのですね。

産後のお腹の黒ずみケアの方法

産後のお腹の黒ずみケアに大事なポイントは下記の3つです。

  1. 保湿をしてバリア機能を高めターンオーバーを促進させる
  2. メラニンの生成を抑えるために美白をする
  3. 少しゆったりした洋服でお腹に擦れないように気おつける

メラニンが分泌される原因は肌への刺激です。そのため、保湿を行うことで肌の働きであるバリア機能を高め、刺激から肌を守るようにします。また、色素沈着して黒くなっている皮膚を新しい皮膚にするターンオーバーの働きを促進させるのも保湿となります。

ただ、軽減をしたとしても刺激が与えられたことによってメラニンが分泌されることにもなってしまいます。

そのため、美白をすることでメラニンの生成を抑制するのが大事となるのですね。
お腹の黒ずみができる原因を取り除き、ターンオーバーを促進させるのが産後のお腹の黒ずみケアの方法となります。

この役割をひとつに凝縮しているのが黒ずみを美白するクリームです。

黒ずみケアに使うクリームの種類

お腹の黒ずみケアに使うクリームは医薬部外品となっている正中線用のクリームを使っていきます。
妊娠線用のクリームではないので間違えないようにしましょう。

化粧品よりも効果が高く、薬のように肌に与える影響が少ないものが医薬部外品となります。

そのため、化粧品を利用するのではなく医薬部外品となっている美白クリームを使うと良いです。
黒ずみができる原因は刺激なので妊娠をしていなくともワキ、デリケートゾーン、乳首などにできます。

そのため、様々なからだに使えるようになっている黒ずみクリームも多いです。
できるだけ刺激のない黒ずみ用のクリームを選べば問題ありません。

また、産後の妊婦さんであれば赤ちゃんが授乳をする際に目立つようにする為、メラニンが分泌され乳首が黒くなってしまうことも多いです。この乳首も美白したいのであれば乳首の黒ずみに人気の黒ずみクリームを選ぶのがおすすめとなります。

妊娠線クリームとは間違えないように注意

産後にできるお腹の黒ずみ(正中線)を知らずに妊娠線と間違えてしまう人は多いです。
お腹に黒い妊娠線ができてしまったと勘違いをして妊娠線クリームを使っている人もいます。

くれぐれも間違えないようにしましょう。

妊娠線対策に必要となるのは保湿をすることです。そのため、美白成分が配合されていないので効き目が弱まってしまいます。お腹の黒ずみケアに必用なのは保湿と美白です。

黒ずみ用のクリームであれば保湿成分が配合されているので妊娠線対策としても有効となります。
最近人気なのであれば「メイドバイマムクリーム」です。

口コミについても紹介しているのであわせてご覧ください。
メイドバイマムクリーム口コミ

ピックアップ記事

  1. 老人性イボクリームとして価格も安く効果があると人気なのがアクアビューティーの艶つや習慣(つやつや習慣)です。

新着記事

  1. プレマームの口コミと感想
    人気が急上昇中の肉割れクリームがメニーナジューより販売がされている『プレマーム』です。メニー…
  2. 肘の黒ずみは非常に目立ちます。その為、すぐにでも色が黒いのを解消したいので、即効性のある…
  3. 首や顔に化粧品を使う30代
    首イボや顔イボなど老人性イボを自分で取る方法として人気なのが化粧品や化粧水を使った方法です。…
  4. 10代や20代の女性だけでなく、男女性問わずに悩む肌トラブルが肉割れです。おしりや太ももにく…
  5. 肌トラブルのなかでもやっかいなのが肉割れです。おしりや太ももをはじめ、二の腕やお腹など全身に…
PAGE TOP