脂肪線を学ぶ女性

脂肪線の原因や消し方!脂肪線の別名は肉割れでクリームでのケア

おしり・太もも・お腹に赤い線や白い線が入ってしまうことを脂肪線と言います。

脂肪線は別名でデブ線とも言われ、太っているまたは太っていた証として、知られていることが多いです。その為、男女と問わず悩む肌トラブルで男目線でも女目線でも良い印象は持たれないです。

ダイエットをすれば消えると考えられていたり、ダイエットをすればできると思っている人もいます。しかし、これは間違いです。

脂肪線を消したいのであれば、きちんと原因を理解して、正しいケアをしていくことが大切となります。薄くするまでには時間がかかりますが、放置をすると線が増えるなど悪化することもあるので、早めのケアが大事となります。

ここでは脂肪線の原因や消し方について解説をしていきます。クリームで消す方法や病院でのレーザーで消す治療など様々ですが、全てまとめて解説をしていきます。

おしりや太ももの脂肪線を消したいって人はご覧ください。

脂肪線とは?脂肪線の原因はなぜ?

脂肪線とは皮膚の奥にある真皮や皮下組織が切れる症状のことを言います。

脂肪線の原因となってしまうのはからだのサイズが大きくなることです。その為、太ったり、筋力の増加によって発症をすることがあります。

脂肪が付いたり筋肉が付くことによって、おしりや太ももなどからだは大きくなっていきます。しかし、皮膚に関しては急激に成長をすることができません。

その為、真皮などの皮膚が切れてしまうことが原因となって、その切れ目から毛細血管が透けて赤い線や白い線が見えるようになってしまいます。

脂肪線とダイエットの関係!痩せれば消える?

脂肪線はダイエットをすることで発症をすることがあります。その為、ダイエットしていないのに赤い線ができたと勘違いをしていたり、痩せれば消えると勘違いをしている人もいます。

脂肪線はダイエットをすることができることはありますが、原因は食事制限やストレスなどによって乾燥をすることで、切れやすくなってしまう為です。また、運動不足の状態で運動をすることで筋力が付き、からだのサイズが大きくなることも関係をしています。

痩せれば消えることもないです。

痩せることによって脂肪線の原因を解消することはできますが、脂肪が燃焼されることで治るようなことはありません。太って脂肪線ができた人は痩せないと数が増える可能性がありますが、ダイエットで痩せることで消える訳ではないのですね。

肉割れやセルライトとの違い

脂肪線の別名は肉割れや妊娠線です。その為、肉割れと全く同じ症状で呼び方が異なるだけです。

ただし、セルライトとは全く違う症状となるので原因も治し方についても異なってきます。脂肪線や肉割れとセルライトを同じと考えている人は多いですが、間違えなので注意をしてください。

セルライトは水分や老廃物が脂肪の細胞に溜まり、コラーゲン線維に付着した状態です。見た目の症状は似ていますが、脂肪線は切れ目が赤や白の線が入っているように見えますが、セルライトは凸凹になっています。

脂肪線や肉割れは皮膚が切れることが原因で、セルライトは不純物や余分な水分が原因となっています。その為、消す方法も異なってくるのですね。

脂肪線の消し方!脂肪線は消える?

脂肪線の消し方としては自宅で消すか病院で消すかです。

自宅で消すのであれば、クリームを使ってガタガタとなった皮膚を整えていきます。病院で消すのであれば、レーザーや炭酸ガスによって、肌の細胞を刺激することで、コラーゲンの生成などを促進させて行く方法となります。

脂肪線は真皮と呼ばれる細胞が切れているので治ることはありません。ただ、薄くして目立たなくはなってきます。

治すことはできませんが、完全に消すとはいかないまでも、薄くすることはできるのですね。脂肪線ができた付近は同じ用に切れる限界に達していることもあります。

脂肪線を薄くしているケアは予防ケアにも繋がるので、放置をすることなく早めにどちらかの方法を試すのがおすすめです。

脂肪線のクリームで消す方法

脂肪線用のクリームが販売されています。肉割れクリームとして販売されているのがほとんどですが、脂肪線の別名は肉割れなので問題はありません。

クリームを使って切れてしまいガタガタとなっている状態の肌を整えていくケアをしていきます。即効性のある方法などなく、他の肌トラブルと同様に3ヶ月や数ヶ月とケアをし続けることが大切となります。

予防をしたい人であれば、薬局やドラッグストアで販売されている、ボティクリームでも問題はありません。ただ、すでにできた脂肪線を消したいのであれば、アフターケア用のクリームが通販などで販売されているので、そちらを利用するのがおすすめとなります。

クリームといっても予防用に作られた物とすでにできた人のアフターケア用に作られた化粧品と2種類あります。

病院でレーザーで消す治療

高額な治療費がかかりますが、病院でもレーザーで治療をして消す方法があります。

皮膚科ではなく美容クリニックとなり、健康保険などの適用はされないです。その為、一回の治療費としては1万円から2万円程度となりますが、総額では10万円は最低でもかかると考えておいた方が良いです。

高額な治療費がかかるので即効性のある方法と勘違いをする人もいますが、脂肪線を消す方法で即効性のあるものはありません。その為、5回や10回と治療を受けていく必要があります。

また、レーザーでの治療だけではなく、炭酸ガスを用いた方法を行っている病院もあります。

自宅で消すと決めた人はコチラ

肉割れクリームメニュー

病院での治療ではなく、自宅で肉割れを消すと決めた人は後は使うクリームを選ぶだけです。人気のクリームランキング・口コミ・安いクリームなどについては下記で紹介しています。

肉割れクリームランキングや口コミ

消す方法について知りたい人はコチラ

まだ肉割れについて調べ始めた段階で、自宅で消す方法や病院で治療するかなど決めかねている人であれば、下記をご覧頂ければ全て分かるようになっています。

肉割れを消す方法から原因

脂肪線のまとめ

脂肪線は残念ながら治ることのない皮膚の細胞が切れてしまっています。その為、治すことはできませんが、皮膚を構成している細胞は切れた真皮だけではありません。

その為、消すとまではいかないまでも薄くはなっていくのですね。

別名で妊娠線とも呼ばれていますが、妊娠線をすることでお腹が膨らみ、ほとんどの妊婦は皮膚が切れてしまいます。しかし、だんだんと薄くはなっていきます。

放置をすれば付近の肌にも脂肪線ができてしまうことがあるので、早めにケアをしていくことがおすすめとなります。

脂肪線の原因や消す方法まで全て詳しく解説をしているのが下記の記事です。もっと詳しく知りたいって人はあわせてご覧ください。
肉割れを消す方法から原因!クリームでお尻や太ももの肉割れを解消

ピックアップ記事

  1. 老人性イボクリームとして価格も安く効果があると人気なのがアクアビューティーの艶つや習慣(つやつや習慣)です。

新着記事

  1. プレマームの口コミと感想
    人気が急上昇中の肉割れクリームがメニーナジューより販売がされている『プレマーム』です。メニー…
  2. 肘の黒ずみは非常に目立ちます。その為、すぐにでも色が黒いのを解消したいので、即効性のある…
  3. 首や顔に化粧品を使う30代
    首イボや顔イボなど老人性イボを自分で取る方法として人気なのが化粧品や化粧水を使った方法です。…
  4. 10代や20代の女性だけでなく、男女性問わずに悩む肌トラブルが肉割れです。おしりや太ももにく…
  5. 肌トラブルのなかでもやっかいなのが肉割れです。おしりや太ももをはじめ、二の腕やお腹など全身に…
PAGE TOP