乳首の乾燥を保湿する方法!かゆみや黒ずみには注意が必要

乳首の乾燥に悩まされている女性は非常に多いです。

乾燥がひどくなってくるとかゆみだけではなく、かいてしまった刺激から黒ずみができてしまい、黒乳首になってしまうこともあります。また、乳輪にはモントゴメリー線と呼ばれる乳線があるのですが、ぶつぶつとニキビのようにでてきてしまうことがあります。

乳首の乾燥が酷くなってしまい、色々な肌トラブルへと悪化してしまい、色々と改善をしなければならなくなってしまいます。

その為、乳首の乾燥はできるだけ早く保湿ケアをして、潤った状態へと導かなければなりません。ただ、注意をしなければならないのが乳首や乳輪などバスト付近はデリケートな部分であることです。

バストもからだの他の部位と同じように皮膚の細胞でできてはいますが、乳腺があったり、乳首や乳輪があったりするので、できるだけ刺激を与えてはなりません。更に乾燥をしているとバリア機能が低下をしているので、なおさらとなってしまいます。

ここでは、乳首の乾燥する原因から保湿してかゆみを止める方法まで詳しく解説していきます。放置をすれば黒乳首になるなど、どんどん酷い状況にもなるので、本気で改善するのがおすすめです。

乳首が乾燥する原因は新陳代謝の低下!暖房や冷房も原因のひとつ

女性の医者

乳首が乾燥をする原因は他のからだの部分と変わりはありません。

肥満やストレス、冬の時期の冷気やエアコンなどによって新陳代謝が低下をしてしまい、血のめぐりも悪くなることから、肌機能が正常に働かないようになってきます。冬は乾燥がしやすいですが、その他の時期である夏や秋などでも同様のことが起きます。

代謝が低下をすることで、皮膚内の水分を保つ働きをしている保湿剤の膜であるバリア機能が衰えてしまい、水分が蒸発をするようになります。その為、乳首が乾燥をする原因になってしまいます。

20才を過ぎると肌にあるヒアルロン酸やセラミドなどの量は減少をしていきます。その上、社会人になることで、お酒やストレスなどの肌への悪影響があるので、どんどん乾燥がしやすくなっていきます。

その為、バストのケアをする為の化粧品も販売されていたりするのですね。

特に冬の時期は外では気温も低下し寒気になっていたり、暖房をつけることによって空気中が乾燥をします。また、体温が下がり代謝が悪くなるので乾燥がしやすい為、冬場限定でも常に乳首ケアは行うようにした方が良いです。

乾燥してかゆみがでる原因は刺激!バリア機能が低下した刺激による炎症

乳首の乾燥が酷くなるとかゆみを伴うようになってきます。

かゆみがでる原因は他の肌の部位と変わりはありません。乾燥をすることで、バリア機能が低下をするので、肌が外からの刺激や雑菌に弱くなってしまいます。

その為、炎症を引き起こしたり、かゆみの症状がでてくるようになります。

特に乳首のかゆみに関してはブラジャーなどで蒸れたり、ブラのずれによって刺激が加えられやすい場所でもあります。その為、刺激が与えられてしまい、症状は悪化をして我慢ができないほどになってしまうことも多いです。

どうしても我慢ができなくてかいてしまうのですが、保湿剤の膜を剥がしてしまう原因になります。その為、かゆみも乾燥も悪化をする一方で悪化をする一方になりがちです。

バリア機能の働きは刺激を軽減するのと皮膚内の水分が蒸発をするのを防ぐことです。乾燥して皮膚内の水分が失われているってことはバリア機能も正常に働いておらず、刺激に弱い状態になっている証拠です。

そのため、刺激を与えないようにしながら保湿ケアをして、バリア機能を正常にすることで、かゆみと乾燥を防ぐことができるようになります。

乳首の乾燥を止める保湿方法!低刺激の保湿化粧品でのケア

保湿成分

乾燥対策として大事となるのは保湿です。

保湿をすることによって保湿剤の膜であるヒアルロン酸やセラミドのを体内に浸透させることでバリア機能を高めることができます。また、刺激を軽減するようにもなるので、同時にかゆみ対策としても有効となります。

但し、使うクリームなどには気お付けなければなりません。

乾燥をしている状態はバリア機能が低下をして、刺激に弱い肌となっています。その為、逆にかゆみや黒ずみを発生させる原因にもなりかねないです。

乳首の保湿をする上で大事となるのが、できるだけ刺激にない成分で作られたような、乳首に使うことで出来るクリームを使っていくのが大事となります。

刺激は黒乳首の原因へ!保湿クリームの選び方

黒ずみを美白するクリーム

刺激を与えても乳首の乾燥の原因を解消して、しっかりと保湿をしていけば、乾燥を防ぐことはできます。

しかし、刺激によって恐ろしいのが乳首や乳輪の色が黒くなってしまうことです。肌に刺激を与えると皮膚を守るため、角質層ではメラニンの生成を促進させようとします。メラニンには皮膚への刺激を守る働きがあるので分泌をするのですが、色素を持っているため皮膚に付着をして、色素沈着を引き起こします。

その為、乳首の色を黒くしてしまい、酷くなればピンクとはほど遠い黒乳首へと変貌をしてしまいます。乳首の乾燥をしている人であれば、保湿クリームとしておすすめとなるのが、黒ずみクリームです。

黒ずみクリームの多くは陰部のようなデリケートな部分を美白したい人に作られている為、乳首に使える低刺激のクリームも多いです。また、美白で大事となるのがメラニンの生成を抑制する美白成分とターンオーバーを促進させる保湿成分です。

まさに乳首の乾燥を保湿したい人向けのクリームとなっているのですね。

おすすめのクリームはホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリー

乳首の黒ずみや乾燥をする人に人気があるクリームであれば、私も使ったことのある『ホワイトラグジュアリープレミアム』です。

ホワイトラグジュアリーは医薬部外品の美白クリームとなっており、医学誌にも掲載がされたことがあります。その為か効き目を実感できている人は多く、肌がしっとりと潤ったなどの口コミも沢山あります。

最大の特徴としては浸透力の違うビタミンを3種類配合していることです。肌の表面から奥にある真皮層まで、それぞれの成分が浸透をして改善できるようになっています。2011年に販売されたのですが、人気があり売れ続けている為、今では累計で30万個を突破しました。

乳首を保湿したい!乳首の黒ずみを美白したい!乳首のかゆみを止めたい!こういった人であれば、ホワイトラグジュアリープレミアムはおすすめすることができます。

ホワイトラグジュアリープレミアムの詳細へ

乳首の乾燥を保湿する方法のまとめ

解説する20代の女性

乳首の乾燥はかゆみなども引き起こしやすいだけでなく、ブラジャーによって蒸れたりしやすいです。また、肌トラブルってのはそうそう簡単に改善をすることができる訳ではないです。

その為、3ヶ月ぐらいは本気で保湿をしていくつもりでいた方が良いです。

乳首の乾燥に関しては黒ずみ・かゆみなど様々な肌トラブルへと発展がしやすいです。黒乳首になってしまったり、人前でバストをかきむしらなければならなくなってしまう前に、早めにケアをしていく方がおすすめです。

特にすでにかゆみや黒ずみに悩んでいる人であれば、なおさらのことです。

その他の乳首に使える人気の黒ずみに関しては下記で解説をしているのでよければご覧ください。私も持っているホワイトラグジュアリーがおすすめではありますが、他にも人気のクリームはあります。

乳首の美白クリームランキング!乳首の黒ずみをピンクにしたい

ピックアップ記事

  1. 老人性イボクリームとして価格も安く効果があると人気なのがアクアビューティーの艶つや習慣(つやつや習慣)です。

新着記事

  1. プレマームの口コミと感想
    人気が急上昇中の肉割れクリームがメニーナジューより販売がされている『プレマーム』です。メニー…
  2. 肘の黒ずみは非常に目立ちます。その為、すぐにでも色が黒いのを解消したいので、即効性のある…
  3. 首や顔に化粧品を使う30代
    首イボや顔イボなど老人性イボを自分で取る方法として人気なのが化粧品や化粧水を使った方法です。…
  4. 10代や20代の女性だけでなく、男女性問わずに悩む肌トラブルが肉割れです。おしりや太ももにく…
  5. 肌トラブルのなかでもやっかいなのが肉割れです。おしりや太ももをはじめ、二の腕やお腹など全身に…
PAGE TOP