乳首がかゆいのは病気?かゆみをピタッと止める乳首ケアの方法

乳首がかゆいので病気ではないかと心配されている方は非常に多いです。

  • 乳がんもかゆくなるって聞くし・・・
  • 透明や黄色の液体がでてきた・・・
  • 皮がむけて痛い・・・
  • 乳輪の周りにぶつぶつがでてきた・・・

乳首や乳輪をかいてしまうと症状がどんどん悪化してしまい、これらの症状があらわれ心配になってしまうものです。特に乳がんの症状のひとつとしてかゆみがあるので、病気ではないかと深刻に考えてしまうこともあります。。

ここでは乳首がかゆい原因からかゆみを止める方法を紹介していきます。バストトップはからだの中でもデリケートな部分となるので、乳首ケアを早急に行い改善するのが大事となります。

かけば刺激から黒ずみができたり、モントゴメリー腺と呼ばれる乳腺が表面上にでてきて、乳首ニキビのようにぶつぶつができてしまうこともあるので、注意が必要な肌トラブルとなります。

原因はどうでも良いからかゆみを止める方法を知りたいって人は『乳首のかゆみを止める乳首ケア』までおすすみください。

乳首がかゆいのは病気でなく多くの人が悩む肌トラブル

女性の医者

乳首がかゆくなる病気は乳がんをはじめ、乳腺症など沢山あります。しかし、病気でなく肌トラブルであることが多いです。

最も心配をされる乳がんですが、確かに発症した後の症状のひとつでかゆみがあります。しかし、基本的には胸のしこりによって、発症が確認されることがほとんどです。あなたの胸にしこりはありますか?

もしもないのであれば、疑った方が良いのは乳首の乾燥です。

胸のトラブルは人前でかきむしったり、話したりするようなことではなく、恥ずかしいと内緒にしている人は多いです。しかし、20代を越えた女性でかゆみには悩まされている人は多いんですよ。

乳首がかゆい原因は肌の乾燥による刺激

乾燥したタオル

乳首がかゆい原因として多いのが乾燥による刺激です。乳首も顔や腕といった部分と同じで皮膚細胞によって作られています。

乾燥をすることで肌の働きである外的刺激から守るバリア機能が低下をしています。その為、ブラジャーや衣類が擦れた刺激によって炎症をしたり、かゆみを発症させてしまう原因になります。

保湿をしっかりして皮膚が水分で潤った状態であれば、バリア機能と呼ばれる保湿剤(ヒアルロン酸、セラミド)の膜にが刺激から守ってくれるので、多少のことでかゆいと感じることはないです。

しかし、バストのケアをしている人は少なく、潤いが失われてしまっているケースは非常に多いです。その為、乳首にかゆみをともなってしまう女性も多いのですね。

かいて刺激を与えると乳首や乳輪が黒くなる原因にもなる

黒ずみを嫌がる女性

バストの悩みとして多いのが、かゆみや黒ずみです。

実はこの2つは関係している部分がある為、かいてしまうことが黒ずみの原因となってしまっています。その為、ケアをして止めていかなければ段々と乳首や乳輪が黒くなってしまうのですね。

乳首の黒ずみの原因は刺激によって、メラニン色素が作られ色素沈着をすることです。

乳首が乾燥をすることによって、刺激からかゆいと感じるだけではなく、黒ずみができてしまいだんだんと黒い乳首へと変化をしてしまう可能性があるのですね。

乳首のかゆみを止めるのに必用なのは保湿

保湿剤の写真

かゆみを止める方法として、有効な方法が保湿をすることです。

保湿をすることによって、皮膚内の水分を保ち保湿剤の膜であるバリア機能の働きを正常にすることができます。下着の擦れなどや外から加えられる刺激から保湿剤の膜が皮膚を守ってくれるので刺激を軽減することができます。

その為、かゆみを引き起こす原因を解消することができるのですね。

スキンケアの基本は保湿なのは有名なことで、色々な美容の書籍にもかかれていることです。潤った肌は弾力・バリア機能・ターンオーバーなど様々な肌機能を正常に働かせる重要なことなのですね。

乳首ケアを行っていない女性は非常に多いですが、デリケートな部分となるので本来は優先的に行わなければいけない部分となります。

乳首の保湿をしないと様々な肌トラブルへ

症状が酷くなるのを解説する医者

乳首のかゆみは乾燥だからと安心できるようなことではありません。デリケートな部分なので刺激を加えてしまえば色々な肌トラブルへと発展してしまいます。

  • 乳輪のサイズが大きくなってしまう
  • モントゴメリー腺がでてくる
  • 胸が硬くなる
  • 乳首の色が黒くなる

モントゴメリー腺と呼ばれる乳腺は乳輪付近にあるのですが、刺激を加えることで表面にでてきます。ぶつぶつができた状態となるので乳首ニキビなんて勘違いをされやすいのですが、からだの中にある乳腺が原因となるので治療をするには手術して取り除くしかありません。

乳首が乾燥をすることで、かゆみ・黒ずみだけではなく、様々な肌トラブルへと発展してしまうことになります。

その為、できるだけ早く乳首ケアをするのが非常に大事となってきます。

乳首のかゆみを止める乳首ケア

かゆみを克服した女性

乳首ケアの方法としては同じ皮膚でできている為、難しく考える必要はあります。日ごろのスキンケアと大きく変わってくる部分はないです。ただ、できるだけ低刺激のクリームや化粧品を使ってケアをしていくようにしましょう。

  • 低刺激の石鹸を使う
  • 低刺激のクリームでケアする

ここで勘違いしてしまう人が多いのが石鹸の部分です。原因が乾燥だから保湿効果が良いと評判の高級な石鹸を利用してしまうことです。

確かに保湿成分が含まれていた方が良いに越したことはありません。しかし、そこで無理して高額な化粧品を使う必要はないです。

多くの美容書籍にもかかれていることですが、石鹸はすぐに洗い流してしまうので、美容成分が浸透をする前に水と一緒に流れてしまいます。

保湿成分が配合されている方が良いには決まっているのですが、ベビー石鹸など刺激の弱い物で肌に合っていると感じる物を使うので問題ありません。

乳首ケアとして使うなら黒ずみクリーム

黒ずみを美白するクリーム

乳首やデリケートゾーンに使えるように低刺激に作られているのが黒ずみクリームです。

乳首がかゆい原因の部分でも解説をしましたが、黒ずみの原因は刺激です。そして、黒ずみで悩むことが多い部位が乳首・乳輪・陰部の3箇所です。

その為、黒ずみクリームの多くが低刺激となっているだけでなく、原因を解消する為の保湿成分と美白成分が配合されています。

その為、乳首ケアのクリームとして使うことができます。

かゆみケアとしてなら美白成分配合の方が良い

美白成分

黒ずみクリームがおすすめなのは、デリケートゾーンに使えるような低刺激のクリームだけが理由な訳ではありません。

いくらケアをしてもすぐに保湿して潤った状態にするのは難しく、かいてしまう時期が続いたりします。その為、色が黒くなってしまいます。

黒ずみクリームであれば、美白成分が含まれているので、まさにかゆみケアとしておすすめすることができるのですね。黒ずみクリームの口コミを見ればかゆみの部分が理由となって使っている人も多いです。

乳首がかゆい人のケアとして黒ずみクリームがおすすめなのは保湿・低刺激・乳首に使える・黒ずみ予防ができるからなのですね。

おすすめの乳首クリーム!かゆい人におすすめなのは?

ホワイトラグジュアリー 

乳首がかゆいって人におすすめで、人気でもあるのが『ホワイトラグジュアリープレミアム』です。乳首に使える黒ずみクリームとなっています。

医薬部外品となっており、医学誌にも掲載がされたこともあります。

ホワイトラグジュアリーが他の黒ずみクリームと違うのは浸透力の違うビタミンを配合していることです。肌の表面だけではなく、浸透力の違う3種類のビタミンが角質層・基底層・真皮層へ浸透をすることで、肌のしっかりとした改善ができるようになってます。

その為か、美白効果や保湿効果を実感できている人は多く、累計で30万個以上もの数が販売されています。

保湿によって乳首のかゆみの改善をしながら、色が黒くなるのを防ぐことができるので、おすすめとなります。

ホワイトラグジュアリープレミアムの詳細へ

ピックアップ記事

  1. 老人性イボクリームとして価格も安く効果があると人気なのがアクアビューティーの艶つや習慣(つやつや習慣)です。

新着記事

  1. プレマームの口コミと感想
    人気が急上昇中の肉割れクリームがメニーナジューより販売がされている『プレマーム』です。メニー…
  2. 肘の黒ずみは非常に目立ちます。その為、すぐにでも色が黒いのを解消したいので、即効性のある…
  3. 首や顔に化粧品を使う30代
    首イボや顔イボなど老人性イボを自分で取る方法として人気なのが化粧品や化粧水を使った方法です。…
  4. 10代や20代の女性だけでなく、男女性問わずに悩む肌トラブルが肉割れです。おしりや太ももにく…
  5. 肌トラブルのなかでもやっかいなのが肉割れです。おしりや太ももをはじめ、二の腕やお腹など全身に…
PAGE TOP