首や顔に化粧品を使う30代

首イボ・顔イボを化粧品や化粧水で取る方法!ハトムギ化粧品やクリーム

首イボや顔イボなど老人性イボを自分で取る方法として人気なのが化粧品や化粧水を使った方法です。

足の裏などにできやすいウイルス性イボとは違い、首や顔の老人性イボの原因は剥がれずに残った角質の硬化です。その為、保湿をして肌を柔らかくし、ターンオーバーを促進させることが大事となります。

化粧品や化粧水によるケアの最大のメリットは根本的な原因の解消に繋がる点です。液体窒素やレーザーでイボは取れても肌の改善ができる訳ではありません。

その為、再発をすることが多いですが、化粧品や化粧水であれば、予防をすることができるのですね。

ここでは首イボや顔イボの化粧品や化粧水についてどんなのを利用すると良いのか解説していきます。また、人気のクリームなどもあわせてご紹介しています。

首イボ・顔イボを化粧品で取る

首イボ・顔イボに化粧品を使うのであれば、化粧水や化粧水に重要な成分が2つあります。

  1. ヨクイニンエキス
  2. 杏仁エキス

この2種類の成分はイボ取り成分とも言われ、首や顔の老人性イボに有効といわれています。イボ用の化粧品や化粧水であれば、まずどちらかが含まれていることがほとんどです。

使う化粧品としてはヨクイニンが含まれたハトムギ化粧水や杏仁オイルが様々な物が販売されています。

ヨクイニン(ハトムギ)化粧水や杏仁オイルを使う

ヨクイニンとはハトムギの種子より抽出することができる成分ですが、これが含まれているのがハトムギ化粧水です。

ヨクイニンは保湿に有効で皮膚や角質を柔らかくする効能があります。また、ターンオーバーの促進など肌力を高めることができます。

その為、首イボや顔イボの化粧品や化粧水としてはかかせないものとなっています。

首・顔・脇の老人性イボに使う化粧品としてはヨクイニンと杏仁エキスの両方が含まれているのが人気となっています。

ヨクイニンエキスは薬にも使う!イボ取り成分として有名

杏仁オイルも有効な化粧品ではあるのですが、ヨクイニンが含まれていません。

ヨクイニンエキスは首イボや顔イボの薬の主成分となっています。イボ取り成分としても有名で古くから漢方や市販薬などに配合がされている成分です。

また、病院で治療をした後のケアとして処方されている薬にも含まれていることがほとんどですし、ビタミン剤を処方される場合にも多いです。

杏仁オイルもイボに使うことはできますが、おすすめはヨクイニンエキスが含まれている化粧品や化粧水を使うことです。

おすすめのイボ用化粧品や化粧水

おすすめの首イボや顔イボ用の化粧品としては2種類あります。

  • 艶つや習慣
  • クリアポロン

この2つは効き目を実感している人が多く、口コミでも評判となっています。

おすすめなのが2種類ある理由としてはそれぞれが特徴が違うからです。その為、全ての人に片方をおすすめことはできないです。

どちらの化粧品にもハトムギエキスと杏仁エキスの両方が配合されています。

使う化粧品はきちんと特徴を理解して選ぶようにしましょう。

簡単ケアしている人には艶つや習慣がおすすめ

艶つや習慣の最大の特徴としてはオールインワンジェルであることです。スキンケアをきちんとしていない人は多く、化粧水や美容液だけで済ましてしまう人は沢山います。

しかし、本来は下記の順番でスキンケアをした方が良いと言われています。

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. 乳液・クリーム

美容液やクリームなど分かれているのにはそれぞれに特徴があるので、似てるようで似てはいないのですね。

オールインワンゲルは全ての役割をひとつで満たすことができるように成分が含まれています。その為、以上の順番でスキンケアをしていない人であれば、50万個以上販売がされている艶つや習慣がおすすめとなります。

艶つや習慣を使った口コミと感想!効果や副作用についても解説

徹底ケアしている人にはクリアポロンがおすすめ

人気上昇中で累計で10万個を突破したのがクリアポロンです。

艶つや習慣と同様にハトムギエキスと杏仁エキスの両方が含まれています。その為か、効果を実感できている人が多く、利用者が増えています。

クリアポロンの特徴としてはイボ用成分だけでなく、美容成分が豊富に含まれていることです。

ダーマヴェール・プラセンタ・ビタミンC誘導体・アラントイン・ヒアルロン酸・セラミドなど肌に良い成分が豊富となっています。そのためか艶つや習慣よりも少し金額が高くなっています。

日々のスキンケアを先ほど紹介した順番できちんとケアをしている人であれば、クリームの変わりにクリアポロンを使うのがおすすめとなります。

クリアポロンの口コミと効果!悪い口コミから最安値まで紹介

首イボ・顔イボを化粧品や化粧水で取るまとめ

首イボや顔イボに化粧品や化粧水を使うのであれば、ハトムギエキス(ヨクイニンエキス)と杏仁エキスの2つはかかすことができないです。

また、イボ用として人気となっている物であれば、2つとも含まれていることが多いです。そのためか効き目を感じている人は多く、口コミでも評判となっています。

ハトムギ化粧水や杏仁オイルを使うのも悪くはないですが、おすすめは両方が配合されているものとなります。

首イボ・顔イボの取り方はコチラ

取り方を解説する女性

首や顔の老人性イボを取るのであれば、自分で取る方法と皮膚科での治療と2種類となります。クリームや薬を使って自分で取る方法からレーザーや液体窒素での治療について取り方を解説してます。

首イボ・顔イボの取り方

自分で取ると決めた方はコチラ

イボクリームを解説する女性

首イボや顔イボなど老人性イボを自分で取ると決めたのであれば、後はどのクリームを使ってケアしていくかです。人気のクリームや選び方などについて解説している記事が下記となります。

首イボ・顔イボクリームランキング

ピックアップ記事

  1. 老人性イボクリームとして価格も安く効果があると人気なのがアクアビューティーの艶つや習慣(つやつや習慣)です。

新着記事

  1. プレマームの口コミと感想
    人気が急上昇中の肉割れクリームがメニーナジューより販売がされている『プレマーム』です。メニー…
  2. くるぶしの黒ずみを解消する方法として重曹を使った方法があります。重曹は基本的には研磨剤などと…
  3. 肘の黒ずみは非常に目立ちます。その為、すぐにでも色が黒いのを解消したいので、即効性のある…
  4. 首や顔に化粧品を使う30代
    首イボや顔イボなど老人性イボを自分で取る方法として人気なのが化粧品や化粧水を使った方法です。…
  5. 10代や20代の女性だけでなく、男女性問わずに悩む肌トラブルが肉割れです。おしりや太ももにく…
PAGE TOP