目の下のクマの原因のまとめ!青・黒・茶色のクマの見極め方と原因

目の下のクマに悩まされているなんてことはありませんか?

40代や50代など加齢と共にクマができやすい原因にはなってはいるものの、たとえ10代の中学生や高校生のような子供から20代の大人でも悩まされることがあります。

目の下にクマができると老けて見えたり、疲れて見えたりします。
そのため、顔のトーンも暗くなってしまうので、印象が根暗のような悪いイメージになっています。

この目の下にできるクマですが消したいと思うなら、まずは原因を正しく理解をすることが大事です。
クマにも赤・茶・青・黒など色によって種類があり、原因が異なるので治し方も違ってきます。

そのため、あなたのクマの種類は何なのかを理解し、正しいケアをしていくことで解消をすることができます。

寝不足ができる原因と勘違いをしている人もいますが、それは正解ではありません。
間違ったケアや寝ても消えないなんてことにならない為にも、正しい原因を知ることが大事となります。

ここでは目の下のクマの原因や種類を紹介しているので、ここで大事な部分の知識を理解すれば、あとは治す為にケアをしていくようにしましょう。

目の下のクマができる主な原因!黒クマ・青クマ・茶クマ

目の下のクマの細かい原因は色など種類によって関係はしますが、大きくかかわってくるのが下記の4種類です。

  1. ハリの低下や乾燥
  2. 生まれつきの遺伝
  3. ストレスや加齢
  4. 疲れや寝不足

おおまかな原因は様々な肌トラブルと原因はほとんど同じとなってくるのですね。その他の部分が少し変わってくるだけであって、クマといっても目のしたの肌のケアなのですね。

ただ、あくまで共通しているのが上記の4種類であって、肝心な原因については種類にもよって異なってきます。
そのため、治したいのであればその部分の解消とケアをしていく必要があります。

色素沈着が原因の茶クマ

目の下の肌がくすんでいたり、ほんのり茶色っぽくなるのが茶クマです。
別名でシミや色素沈着とも呼ばれます。

人は常に太陽光による紫外線を浴びながら生きていますが、肌への刺激を与えていることつながります。

しかし、肌への刺激を与えればメラノサイトと呼ばれる角質層にある細胞にて、メラニンを生成し分泌をさせます。メラニンは刺激から肌を守る役割があるのですが、色素を持っている物資です。

そのため、皮膚に色素沈着をしてしまい茶クマと呼ばれるシミの症状となるのですね。
茶クマができている人は目の周辺など顔が乾燥をしていたり、生活習慣が悪かったりしている人が多いです。

肌には刺激から皮膚を守るバリア機能と呼ばれる働きがあります。しかし、乾燥・加齢・生活習慣などでバリア機能は衰える原因となります。

茶クマを解消したいのなら日焼け対策や紫外線眼鏡を利用する。そして、保湿と美白のアイクリームによるケアが効果的となります。

疲れや睡眠不足が原因の青クマ

睡眠不足などによって目の下や周辺が青くなっている症状が青クマです。
青クマの主な原因としては血行不良なので、冷え性や目の疲労などとなります。

睡眠不足や冷えなどによって血行不良が起こり、血が滞ってくるようになります。しかし、顔の中でも目の下は皮膚が薄くなっているので、色が透けてしまい、肌の色と混ざり青や青紫色に見えてしまいます。

ようするに目の周辺の肌の毛細血管や血が原因が青クマとなってしまうのですね。

そのため、目の下や周辺を軽く親指でマッサージをしたり、寝不足であれば解消することが大事です。また、忘れてはいけないのがコラーゲンが含まれたアイクリームや美容液によるケアです。

寝てるのに消えない人も多い青クマですが、肌のハリが薄いと透けやすくなってしまいます。そのため、コラーゲンが含まれた、アイクリームなどを利用してケアをしましょう。

脂肪やたるみが原因の黒クマ

肌のたるみや脂肪やハリによって生じやすいのが黒クマです。

青クマや茶クマとは違い、実際は色が黒いのではなく、影が黒クマの原因となっています。そのため、上を向いたりすると光によって、影がなくなるので目立たなくなったり消えたりするのが特徴です。

特に40代や50代となると加齢によって肌機能が衰えたり、乾燥をしやすくなってきます。そのため、たるんだろハリが失われるやすいです。

また、20代でもむくみが原因となって黒クマができてしまうこともあります。

黒クマを治したいのであれば、エイジングケア用のアイクリームなど、ハリや弾力などを改善するスキンケアが重要となってきます。

目の下のクマの種類の見極め方

どれも肌が関係をしている為、アイクリームなどのケア部分に関しては変わりありません。しかし、どの種類のクマかによって、原因の解消に必要なことが異なってきます。

そのため、まずはどの種類に当てはまるのかを把握して、アイクリームなどのケアと原因の解消をすることがクマを治すことができるようになります。

  1. 上を向いて色が黒かそうでないかを見極める
  2. 目の下の皮膚を引っ張る

まずは光のある場所で上を向いたり、ライトを当てるなどして、影によって色がどうなっているかを確認しましょう。色が付いてないようなら黒クマとなります。

ステップ1で色が付いてるのであれば、茶クマまたは青クマです。

色が付いてる方は目の下の皮膚を横に引っ張ってみるようにしましょう。茶クマであれば皮膚に色素沈着しているのが原因なので一緒に動いてきます。

青クマであれば血管が透けて見えているのが原因なので動かないです。

また、わかりづらければ温かいタオルと冷たいタオルを当てて見てください。血行が促進されるので色が改善されれば青クマで効果がなければ茶クマと見極められます。

年齢別にできやすいクマの種類

どの目の下のクマに関しても年齢とは関係なく悩まされることがあります。
しかし、原因からも分かるようにそれぞれできやすい年代はあります。

  • 子供や10代など若い年代にできやすいのが青クマ
  • 20代以降にできやすいのが茶クマ
  • 30代や40代以降であれば黒クマ

若い世代だとスマホを見ていたり、1日中テレビや携帯などで眼精疲労を受けやすいです。
20代を過ぎると皮膚内のヒアルロン酸やセラミドの減少に加え、仕事によって生活習慣だ乱れやすいです。
そして、40代や50代となると、肌への蓄積されたダメージや肌の衰えが生じやすいです。

必ずしも年齢で目の下のクマを判断できる訳ではありません。

クマの種類の見極め方を実践してもいまいちどれか分からないって人は、上記の年齢別にできやすい種類を参考にしてみてください。

目の下のクマを解消する方法

どのクマに関しても肌の衰えが原因としてかかわってきます。
そのため、目の下のクマを本気で解消したいのであれば、アイクリームなどによってケアをするのがおすすめです。

しかし、ケアをしていれば治るとは限りません。
あくまで目の下にクマができてしまう原因があったからこそ悩んでいる訳なので、その部分を解消しなければ効果が弱かったり、ひどくなってしまうこともあります。

そのため、目の下のクマを解消するのであればアイクリームによるケア
あなたのクマの種類の原因の解消

以上の2つが大事となってきます。

即効性のある方法はある?クマの種類によって異なる

目の下のクマを即効で治すことはできません。
しかしながら、どうしてもデートの約束や外出などの理由でどうにかしたいって人はたくさんいると思います。

ただ、長持ちはしませんが多少は改善したり効果のある即効性の方法があります。

青クマであれば疲れや寝不足になどが原因による血液の不良が関係をしています。そのため、大事な日の数日前から早めに寝るのを心掛けたり、スマホやTVを見る時間を減らしましょう。

黒クマであれば影がたるみやハリの衰えによる影が原因となっています。そのため、できるだけ顔を下に下げるのではなく、前を向き光が当たるようにしましょう。

茶クマに関しては色素が沈着をしていますので、残念ながら即効性のある方法としてはファンデーションやチークやコンシーラーなどを利用して隠すのが最善の手となります。

まとめ

必ず最初にあなたの目の下のクマがどの種類に当てはまるかを見極めるのが重要となるのですね。

肌が関係をしているので、アイクリームなどによる化粧品を使ったケアに関しては共通している部分があります。しかし、黒クマなのに良く寝たとしても全く意味がありません。

きちんとそれぞれの種類別に原因を理解して、その部分を解消するように努めることが必要となるのですね。

基本的に治したいと思っても即効性のある方法はありません。ただ、改善をしなければ悪化をしたり、一行に治らないなんてことにもなりかねません。

そのため、気づいたらその場で対策をはじめてみようとするのが大事です。

ピックアップ記事

  1. 老人性イボクリームとして価格も安く効果があると人気なのがアクアビューティーの艶つや習慣(つやつや習慣)です。

新着記事

  1. 思春期を越えたごろからほとんどの女性はスキンケアを行うようになります。 男性にモテたい・・・…
  2. プレマームの口コミと感想
    人気が急上昇中の肉割れクリームがメニーナジューより販売がされている『プレマーム』です。メニー…
  3. 目の下のクマの原因として思い浮かべるのが寝不足です。しかしながら寝不足ではないのに消えない!…
  4. 目の下のクマに悩まされているなんてことはありませんか?40代や50代など加齢と共にクマができ…
  5. くるぶしの黒ずみを解消する方法として重曹を使った方法があります。重曹は基本的には研磨剤などと…
PAGE TOP