肘の黒ずみ

女性だけでなく男性も悩む肌トラブルが肘の黒ずみです。

夏場になると肘は必ずと言って良いほど露出をすることになります。しかし、肘の黒い部分が凄く目立ってしまうことになります。

肘の黒ずみに悩まされている人の多くが、カサカサをしていることが非常に多いです。それは乾燥が関係をしている為です。

何のケアもしなければ、症状が悪化をして更に黒くなってしまうこともあれば、一生そのままであることもあります。その為、肘の黒ずみを美白して解消したいって人は非常に多いです。ずっと悩み続けるなら早めに解決をした方が良いですからね。

ここでは肘の黒ずみの原因から美白して解消する方法を解説しています。また、解消方法である薬やクリームや重曹など全てまとめて紹介をしています。

肘が黒い原因は黒ずみ!メラニンの色素沈着

ふと鏡を見た際に肘が黒いことに気づくことが多いです。私は風呂上りにからだを拭いている際に気づきました。

肘が黒いので病気と勘違いをする人もいますが、これは黒ずみが原因となっています。顔に出来るシミなどと同じように肌トラブルの一種となります。

黒ずみは皮膚の中にある細胞で作られているメラニンが皮膚に色素沈着をすることが原因となります。

メラニンが皮膚内で作られている理由は皮膚を刺激から守る為です。肌に与えられた刺激から守る為にメラニンが作られ分泌をします。

それが付着することによって、肘が黒くみえるようになってしまうのですね。

肘の黒ずみが発生する原因は刺激

肘の黒ずみが発生してしまう原因となるのは刺激と乾燥です。
刺激が与えられる原因としては下記のようなことが多いです。

  • 肘を立てながら机やテーブルに座る
  • 腕を立てて頭をささえながら横向きで寝る姿勢になる
  • スマホを肘を立てて触る

肌トラブルとは言ってもニキビのようにアクネ菌が繁殖してしまったりなどの要因は関係ないです。あくまで黒ずみはメラニンの色素沈着となるので、刺激が原因となっているのですね。

両方の肘を立てながら寝ながらスマホを触ったりする人は多いです。そういった細かなことでも肘はからだの中でも皮膚が薄い部分となるので、黒ずみができる原因になってしまうのです。

乾燥をすると黒ずみが出来やすい!カサカサしているのが原因になる

肘がカサカサしている人は特に注意が必要です。

乾燥をしていると肌の働きであるバリア機能とターンオーバーなどの肌機能が衰えます。しかし、この2つが衰えてしまうと黒ずみができやすくなる原因になります。

バリア機能はメラニンのように刺激を守る働きを行なっています。その為、衰えることによって、肘への刺激が伝わりやすくなってしまいます。

また、メラニンが皮膚に色素沈着をしてもターンオーバーの働きによって、外に角質と一緒に付着したまま、排出をすることができます。しかし、乾燥をしてターンオーバーが乱れればそのまま肌に残ってしまうことになります。

肘の乾燥は黒ずみができやすい原因となるので、カサカサしていたりガサガサしていると感じているのであれば、悪化をする可能性もあるので、早急にケアをすることをおすすめします。

肘の黒ずみを解消するケア!薬やクリームを使って解消

肘の黒ずみを解消する方法としては下記の3種類があります。

  1. 黒ずみクリームで美白ケア
  2. ハイドロキノンとトレチノインで肌を白く
  3. 重曹やピーリングで色素沈着した角質を除去

黒ずみを解消するケアとして基本となるのは、肌を保湿すると共に美白をすることです。しかし、色素沈着をしてもターンオーバーによって、古い角質として一緒に排出をすることができます。

その為、ピーリングなども用いられることもありますが、注意が必要な方法となります。それぞれの方法の特徴を詳しく紹介するので、あなたにあった方法を選ぶようにしましょう。

黒ずみクリームで美白するケアの特徴

人気があるのが黒ずみクリームを使って肘を美白するケアです。

黒ずみクリームの多くは添加物などを排除して、肌に優しい成分によって作られているので、敏感肌の人でも使えるようになっています。特徴としては美白成分と保湿成分の2種類が含まれた正当なケアができる点です。

美白成分によってメラニンの生成を抑制し、保湿成分によってバリア機能とターンオーバーの改善ができます。

人気がある多くは医薬部外品となっているので、化粧品よりも効果は期待でき、薬に比べて肌への影響が少ないので、副作用の心配がほとんどなく使うことができるようになっています。

薬で解消するケアの特徴!ハイドロキノンとトレチノイン

黒ずみ用の薬として人気なのがハイドロキノンとトレチノインです。

基本的には濃度の強いものが使われますが、薬局やドラッグストアでの販売はされていないです。病院で医者に処方をして貰う必要がある薬です。

薬局やドラッグストアで販売ができない理由としては副作用があるからです。

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれますが、肌へ与える刺激も凄く強いです。その為、肘に使えば更に色が黒くなってしまうこともあれば、荒れてしまうこともあります。また、効き目がありすぎて肘が真っ白になってしまうリスクもあります。

副作用のリスクがあるので皮膚の薄い肘にはあまりおすすめすることができない方法です。

ピーリングや重曹で解消するケアの特徴

ターンオーバーを促進させるのではなく、強制的に角質を排除してしまう方法がピーリングや重曹を使った方法です。

しかし、この2つは肌へ与える刺激があります。そのため、更なる悪化を招くりすくがあり、あまりおすすめすることができないです。黒ずみができる原因を解消している訳ではないので、また黒ずみができてしまうこともあります。

特に重曹はそもそもの使用用途が違うので、非常に粒子が大きくなっています。

粒子の大きい重曹を肘に擦ることによって、刺激をまねくリスクは非常に高いです。特に乾燥をしているとバリア機能が低下をしているので、更に危険となります。

個人的にはピーリングや重曹を使った方法で解消できた口コミもほとんど見当たらないのにリスクがあるので、もっともおすすめできない方法です。

おすすめは黒ずみクリームを使って美白する方法

おすすめの方法としては黒ずみクリームを使って美白する方法です。黒ずみクリームが人気な理由がそのまま当てはまります。

  • 副作用の心配をしないですむ
  • 美白成分が含まれた医薬部外品
  • 乾燥してカサカサになってるのも保湿
  • 口コミでも効き目があったと評判
  • 自宅で簡単にケアができるので手間がかからない

自宅で簡単にケアができますし、医薬部外品なので副作用の心配も弱く安心して利用できるって人も多いです。副作用としては化粧品と同じように肌に合わないやアレルギーなどがあれば荒れることはあります。

しかし、肌への刺激が原因となる黒ずみに使うクリームは、肌に優しい成分を考えて作られています。その為、口コミでも敏感肌で肌が荒れたなどはほとんど見かけないです。

美白ケアなら乾燥を保湿することもできる!予防としての効果も期待

美白ケアがおすすめできるもっとも大きな理由としては、乾燥した肘を保湿して原因の解消もできる点です。

クリームによる美白であれば、黒ずみの原因になってる保湿することができます。ターンオーバーの促進だけではなく、刺激をやわらげるバリア機能の改善が同時にできます。

その為、肘の黒ずみを解消することができるのです。

薬やピーリングや重曹で角質を除去したとしても、保湿ができている訳ではありません。リスクがあるけどその後に何もケアをしなければ、また肘が黒くなってしまうこともあるのですね。

安心・手軽に自宅でケア・原因の解消・保湿してカサカサを改善と色々メリットがあるだけでなく、効き目があったと口コミでも評判となっているので、クリームを使った方法は人気となっているのですね。

肘の黒ずみのまとめ

肘の黒ずみの原因は刺激によるメラニンです。

その為、解消をするのであれば薬やピーリングで強引に色素沈着した角質を除去することもできます。しかし、副作用もあればまた黒くなることもあります。

その為、クリームを使った方法が人気となっているのですね。

しかし、注意をしなければいけないのはどの方法を試せば必ず効き目がある訳ではないことです。黒ずみを解消をするケアをしたとしても原因を排除できていなければ悪化をすることもあります。

その為、できるだけ肘を立てたりして刺激を与えないような日常生活を心がけることが重要となります。また、そうすることで効き目を実感することができやすくなるはずです。

肘の黒ずみに即効性のある方法はどれ?

新着記事

  1. プレマームの口コミと感想
    人気が急上昇中の肉割れクリームがメニーナジューより販売がされている『プレマーム』です。メニー…
  2. くるぶしの黒ずみを解消する方法として重曹を使った方法があります。重曹は基本的には研磨剤などと…
  3. 肘の黒ずみは非常に目立ちます。その為、すぐにでも色が黒いのを解消したいので、即効性のある…
  4. 首や顔に化粧品を使う30代
    首イボや顔イボなど老人性イボを自分で取る方法として人気なのが化粧品や化粧水を使った方法です。…
  5. 10代や20代の女性だけでなく、男女性問わずに悩む肌トラブルが肉割れです。おしりや太ももにく…
PAGE TOP