乳首ピンククリームは2種類!黒ずみ美白クリームの選び方

乳首をピンクにするクリームがあるのなら使ってみたい女性は非常に多いと思います。

女性でバストに悩みをかかえている人が多く、その中でも乳首や乳輪の色に悩んでいる人は特に多いと様々なアンケートで書かれています。

そのため、乳首ピンククリームなんて呼ばれ方をする医薬部外品を利用する人が増えているのですが、どれを購入するかは注意をしなければなりません。

それぞれ全く効果が違うクリームが2種類あるので、選び方を間違えてしまえばあなたが期待したような効果を得ることはできないのですね。実際に口コミなどを見ていると間違えてしまっている人を多く見かけます。

ここではそれぞれどんな効果のあるクリームなのか?
また、どこを見て選んでいけば良いのか解説しています。

乳首ピンククリームの種類!2種類の特徴

乳首のクリームには下記の2つがあります。

  1. ピンク色にする着色剤クリーム
  2. 黒ずみ美白クリーム

それぞれ効果や成分は全く異なってきます。そのため、間違って購入した人の口コミが多く見受けることができるので注意が必要です。

どんな特徴や効果があるのか?
それぞれ紹介していきます。

ピンクに着色するクリーム

乳首をピンクにする為の着色剤が成分として配合されているのがこのタイプです。

効果としては即効性があり、その場でピンク色にすることができます。色の付いたパウダーをバストに上塗りすることで色を変化させることができるのですね。

ただ、デメリットとしては汗や洋服に触れて落ちてしまうことです。そのため、一時的しか効果はなく、下着などに擦れることでだんだんと色落ちをしてしまいます。また、ブラジャーについてしまうこともあるので注意が必要となります。

注意としては効果を感じている人の多くは色素が薄い人です。

黒乳首に色が明るいパウダーをつけたとしても下地の色が濃いためにほとんど変化をしません。できるだけ乳首や乳輪の色が薄ければ薄いほどピンク色に変化をさせることができるようになってます。

黒ずみを美白するクリーム

美白成分を配合しているのがこのタイプです。

アルブチンやプラセンタなどの厚生省より認められている美白成分が配合されています。そのため、乳首ピンククリームなんて呼び方をする人もいるのですね。

効果としては厳密に言えば美白となります。

また、保湿成分などの美用成分が配合されているものがほとんどです。乳首が黒くなる原因は肌への刺激が関係しています。そのため、刺激から守るバリア機能を高める成分とターンオーバーを促進させる美容成分が配合されていることが多いです。

乳首が黒い原因へ

乳首ピンククリームの種類を間違えずに選ぶ際のポイント

どちらの乳首ピンククリームを使うかの際に注意をすれば良いのが医薬部外品であるかの点です。

黒ずみクリームには美白成分が配合されている為、医薬部外品となっていることがほとんどです。逆にピンク色に着色するクリームに関しては単なるパウダーとなるので医薬部外品としての表記の許可がおりません。

販売されているクリームやラベルを確認することで間違えずに選ぶことができるはずです。また、黒ずみ美白クリームに関してはほぼ全てが通販限定での販売となっています。

医薬部外品としての表記がされているのか?
通販での販売となっているのか?

以上、2点を確認することでどちらの種類の乳首ピンククリームか見極めることができるはずです。

人気なのが乳首の黒ずみを美白するクリーム

最近、利用者が非常に多くなっているのが黒ずみを美白するクリームです。

  1. 医薬部外品なので効果に安心できる
  2. 美白の効き目を感じている人が多い
  3. 一時的に効き目がある訳ではない

以上、3点の理由により乳首や乳輪の黒ずみに美白クリームを使う人が多いのですね。

あなたは一時的にピンクにしたいのでしょうか?
それとも美白をしたいのでしょうか?

間違えないように注意しましょう。そして、個人的におすすめなのも美白クリームとなります。一時的では意味がありませんからね。

人気のクリームについては下記で紹介しています。

乳首美白クリームランキングへ

ピックアップ記事

  1. 老人性イボクリームとして価格も安く効果があると人気なのがアクアビューティーの艶つや習慣(つやつや習慣)です。

新着記事

  1. プレマームの口コミと感想
    人気が急上昇中の肉割れクリームがメニーナジューより販売がされている『プレマーム』です。メニー…
  2. くるぶしの黒ずみを解消する方法として重曹を使った方法があります。重曹は基本的には研磨剤などと…
  3. 肘の黒ずみは非常に目立ちます。その為、すぐにでも色が黒いのを解消したいので、即効性のある…
  4. 首や顔に化粧品を使う30代
    首イボや顔イボなど老人性イボを自分で取る方法として人気なのが化粧品や化粧水を使った方法です。…
  5. 10代や20代の女性だけでなく、男女性問わずに悩む肌トラブルが肉割れです。おしりや太ももにく…
PAGE TOP