肘の黒ずみに即効性のある方法はどれ?

肘の黒ずみは非常に目立ちます。

その為、すぐにでも色が黒いのを解消したいので、即効性のある方法を探してしまう人は多いです。特に夏場で彼氏との初デートや気になる異性と遊ぶとなるとすぐにでもどうにかしたいものです。

ましてや結婚式のような一生ものの行事や海へ行くとなるとなおさらです。

ここでは肘の黒ずみを解消する方法として即効性があるのはどれかについて解説をしていきます。ただ、副作用のリスクもある方法なので、使用の際には注意が必要です。

ただひとつ言っておきたいのは、肘の黒ずみにはどんな方法にしろ即日に治すような未来的な方法はありません。

肘の黒ずみに即効性がある方法としては薬を使った方法

肘の黒ずみを解消する方法の中でも一番即効性があると考えられるのが薬を使った方法です。2つの薬用クリームを使うことで早い効果が期待できます。

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン

薬としてはハイドロキノンとトレチノインの2つを用います。特にハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれ、非常に効き目の強い成分となっています。

ただ、副作用もあるので購入できる店舗から効果やリスクについても詳しく解説していきます。

どれぐらいの期間で肘の黒ずみは消える?

ハイドロキノンとトレチノインの2つをあわせて使用することで、薄い黒ずみであれば2週間ほどで効果が期待できる可能性もあります。濃ければ1ヶ月ぐらいの期間を要すこともあります。

全ては体質や症状も人それぞれなので、即効性はありますが人によって効き目があらわれる期間は異なってきます。

あくまで上記のは目安として考えてください。人によってはほとんど効き目を感じれなかった人もいれば、あまりにも効きすぎて肘が白くなってします人もいます。

ハイドロキノンとトレチノイン処方の効果

ハイドロキノンとトレチノインの効果についても解説をしておきます。

ハイドロキノンは肘の黒ずみの原因となっているメラニンを還元して、色を薄くしてくれます。トレチノインは角質を剥がすターンオーバーの働きを促進させてくれます。

肘の黒ずみの原因は色素をもつメラニンが肌に付着することですが、皮膚は一定の周期で排出され新しい細胞を作りだしています。その為、ターンオーバーの周期によって黒くなった皮膚は外に排出がされるのですね。

ハイドロキノンによって原因であるメラニンの問題を解決して、トレチノインによって肌の働きを利用して外に排出をする効き目が期待できるのですね。

病院で処方をして貰う必要がある!

ハイドロキノンとトレチノインの濃度が強い薬に関しては病院で処方をして貰う必要があります。

この2つの成分は化粧品にも含まれていることがありますが、あくまで濃度が薄いものに限られています。副作用のある成分なので濃度が濃くなっている医薬品は医者の処方なしでは購入できません。

からだへ与える影響が非常に強く、副作用のある成分なので薬局やドラッグストアでは販売がされていないのですね。

即効性を期待するのであれば濃度が強い病院で処方をして貰わなければなりません。化粧品を使って行くのであればハイドロキノンだとリスクがあるので黒ずみクリームを使う人が多いです。

ただ、どちらにしろ薬に比べて濃度は薄いので効果は弱まってしまいます。

黒ずみへの即効性はあるが副作用のリスクが非常に高い

肘の黒ずみを解消する方法として人気があるのが黒ずみクリームを使った方法です。即効性がもっとも期待できるにも関わらずハイドロキノンやトレチノインを使わない人がいるのは副作用のリスクが非常に高いからです。

ハイドロキノンもトレチノインも肌へ与える刺激は強く影響も強くなります。

肘の黒ずみの原因は刺激なので、更に色を黒くしてしまう副作用があります。また、塗ったら効き目がある訳ではなく、時間をかけて改善をしていくので、肌の色を真っ白にしてしまうことがあります。

副作用で白斑と呼ばれるのがありますが、これは肌に白い丸ができてしまうことです。

塗ったその場で効き目がでる訳ではないので、使っていたら肘が肌色ではなく白くなってしまい、黒ずみより酷く目立つようになってしまうリスクもあるのですね。

肘はからだの中でも皮膚が薄いのでリスクは高い方法です。

肘の黒ずみに薬は即効性があるが原因を解消できていない

肘の黒ずみに薬は即効性はもっとも期待できますが、原因を解消している訳ではありません。

黒ずみの原因は乾燥した肌への刺激によって体内にメラニンが作られることです。その為、保湿をしてバリア機能とターンオーバーを促進し、美白成分によってメラニンの生成を抑制するのがケアとして重要です。

しかし、薬はメラニンの排出はするものの、保湿をしてバリア機能を高めたりしている訳ではありません。それどころかトレチノインで角質を剥がしすぎて低下をさせてしまうこともあります。

その為、黒ずみが改善をしたとしてもまた刺激によって色が黒くなってしまうこともあります。副作用のリスク・予防はできない・原因の改善もできない・以上の3つのデメリットがあります。

正統派の方法で肘の黒ずみを解消するのがおすすめ

肘の黒ずみを解消するのなら正統派のケアをするのがおすすめです。

薬と比べると効果のでる期間までは時間がかかります。しかし、美白・保湿をしてきちんと原因の解消をしながらケアをしていくことができます。

なにより副作用の心配をしないで良いのは非常に大きいです。

肘の黒ずみはクリームを使って美白をしていく人が多いですが、薬だと副作用が怖いですし、美容皮膚科でのレーザーだと費用が高額です。

きちんとそれぞれの方法にメリットやデメリットがあるので、安全にきちんと解消ができるクリームを使ったケアをしていく人が多いのですね。

クリームや他の方法についても知りたい方は下記をご覧ください。
肘の黒ずみを美白して解消するケア!肘が黒い原因をクリームや薬で消す

ピックアップ記事

  1. 老人性イボクリームとして価格も安く効果があると人気なのがアクアビューティーの艶つや習慣(つやつや習慣)です。

新着記事

  1. プレマームの口コミと感想
    人気が急上昇中の肉割れクリームがメニーナジューより販売がされている『プレマーム』です。メニー…
  2. くるぶしの黒ずみを解消する方法として重曹を使った方法があります。重曹は基本的には研磨剤などと…
  3. 肘の黒ずみは非常に目立ちます。その為、すぐにでも色が黒いのを解消したいので、即効性のある…
  4. 首や顔に化粧品を使う30代
    首イボや顔イボなど老人性イボを自分で取る方法として人気なのが化粧品や化粧水を使った方法です。…
  5. 10代や20代の女性だけでなく、男女性問わずに悩む肌トラブルが肉割れです。おしりや太ももにく…
PAGE TOP