乳首を美白するスキンケア!黒ずみ乳首をピンクにしたい!

乳首や乳輪の黒ずみが気になるのであれば、美白スキンケアを行うのが有効的な方法となります。

男性だけでなく、女性の多くが乳首の色が黒い女性は経験人数の多い女と認識しています。
そのため、彼氏だけでなく温泉や慰安旅行などで見知らぬ人にまで軽い女と思われてしまうので、なんとか美白をしたいと考える人は多いです。

顔が不細工だと損をするって言葉があるのと同じように、黒ずみ乳首だと彼氏に嫌われたり、尻軽女として見られたりと損をすることもあるのですね。今では乳首を美白してなんとかピンクにしたいと考える人は非常に多いです。

しかし、バストはデリケートな部分となるので失敗をして逆に黒くなったなんて人も多いです。

ここでは、正しい乳首を美白するためのスキンケア方法を紹介。黒ずみをピンクにしたいって人は多いですが、さすがに脱色をそこまですることは難しいです。ただ、きちんとケアをすることで美白をすることは可能となります。

乳首を美白する方法は2種類

美白方法としては2種類があります。

  1. 化粧品を使ったスキンケア
  2. 医薬品を使った方法

化粧品を使ってスキンケアをする人が非常に多いのですが、すぐにでも効果を出したい人はハイドロキノンとトレチノインと呼ばれる医薬品を使います。どちらの方法もメリットデメリットがあるので、人によって行う美白方法は異なります。

スキンケアで美白をするのであれば医薬部外品と呼ばれる、薬よりも効果がゆるやかで、化粧品と医薬品の間に分類されるものを利用します。薬となると効き目が強いのですが、人体に与える影響も高く、副作用があるので逆に色が黒くなったり他の肌トラブルが起きることもあります。

化粧品とハイドロキノンのメリットデメリット

他にも美容整形クリニックで手術をする方法もあるのですが、高額な治療費がかかります。高額な治療費が払えるのであれば選択肢はひとつ増えるのですが、ここではそんなに高い費用をかけずに美白する方法を解説していきます。

そのため、化粧品とハイドロキノンのような医薬品のどちらを利用するかの判断材料として、それぞれのメリットとデメリットを紹介していきます。

化粧品で美白するメリットとしては刺激が弱いので安全である、ちょっとづつ効果を実感できる、手軽に手に入れることができるの以上3点です。デメリットとしては薬に比べれば効き目がでるのに時間がかかることです。

ハイドロキノンでのメリットとしては効き目が早いことです。ただ、デメリットとしては刺激が非常に強い為、逆に色が黒くなったり、乳輪のサイズが大きくなったりなどの副作用をはじめ、特定医薬品に認定されている為、病院で処方をしてもらう必用があります。

ハイドロキノンとトレチノインのような医薬品は効果が高いのですが、医者から処方される際も自己責任である注意を受けるほど刺激が強いので乳首のようなデリケートな部分にはあまりおすすめはできません。副作用があらわれ後悔している人も多いです。

そのため、美白化粧品を使ってスキンケアを使う方法が人気となっています。

乳首を美白するなら専用のクリームを使う

乳首を美白する為に作られた専用のクリームが販売をされています。

有効美白成分が配合されている為、厚生労働省から医薬部外品として認められているのも多いです。安全性や有効である成分が配合されているのが公的機関から認められているので安心して利用をすることができ、人気が非常に高いです。

一般の美白化粧品とは違い、デリケートである乳首に塗る為に低刺激成分で作られており、副作用の心配なく使うことができます。医薬品と比べれば効き目は遅いですが、安全に乳首の美白を行うことができるのですね。

ハイドロキノンやトレチノインは医薬品だけあって効き目も高いです。ただ、乳首を美白したいのに片方の乳輪のサイズが大きくなってしまったり、不揃いになることも多く、後悔する結果となっては後戻りをすることはできません。

それなら少し時間がかかったとしても、悪影響なくゆるやかに作用するクリームの利用がおすすめであり、人気でもあります。遅いと行っても、使用しはじめて2週間程度で少しづつ効き目があらわれたって口コミが書かれているのも多く、3ヶ月程度利用して満足するまで効果がでたと書かれているのもあります。

果てし無く長い時間がかかる訳ではないのですね。

乳首をピンクに着色するクリームもあるので注意

乳首の美白クリームを選ぶ際に注意をしなければならないことがあります。それが、着色剤が配合されたクリームのこととなります。

有効美白成分が配合されている訳ではなく、口紅やお化粧と同じように着色剤を付けることによって乳首の色をピンクにする目的で作られています。ドラッグストアや薬局で市販されていることもあったりと間違えて購入して効き目がないと感じている人も多いです。

一時的にはピンクになるもののブラに擦れて色が元に戻ってしまうと・・・。一時的にピンクにする為に作られているので効き目は問題ないのですが、美白化粧品と間違えてしまっているので、効果がないと勘違いをしてしまっているのですね。

見極めるポイントとしては医薬部外品としての表記がされているかです。

美白効果としての医薬部外品として厚生労働省から認可がされる為には有効美白成分「アルブチン」や「プラセンタ」などの認められている成分がが配合されていなければなりません。そのため、美白効果としての医薬部外品が下りているのは着色させる目的ではないと判断できます。

黒ずみを美白するのに効果的なピーリングは行わない

乳首の色が黒い原因は生まれもったものではなく、ブラジャーの擦れた刺激からメラニンが分泌され、色素沈着をしていることです。

そのため、古い皮膚(角質)を剥がすピーリングは黒ずんだ角質を剥がす効果が期待でき有効な方法となります。しかし、乳首のようなデリケートな部分には刺激も強く注意をしなければなりません。

刺激を与えてしまえばハイドロキノンと同じようにメラニンを分泌させ、黒ずみが酷くなったり、乳輪が大きくなったりする危険性もあります。

膝などの黒ずみを美白化粧品でケアをしながら、ピーリングをおこなうのは非常に有効的な方法となりますが、乳首のようなデリケートな部分に利用するのはおすすめすることはできません。

これから乳首の黒ずみを美白する人へ

乳首の色が黒いと遊んでると見た目で判断されて、人生の中で損をすることもあります。男性で黒乳首が良いって人もそこまで多くありません。

そのため、美白をするにこしたことはないと思います。

ただ、乳輪が片方だけ大きくなったりなど取り返しのつかない状態となっては、遊んでいる女どころか気持ち悪いと思われたり、後悔してもしきれなくなってしまいます。

くれぐれもデリケートな部分であることを忘れずにほかの体の部位とは同じように考えないようにしましょう。刺激を与えずに安全に美白を実践するようにしましょう。

乳首美白クリームランキングへ

ピックアップ記事

  1. 老人性イボクリームとして価格も安く効果があると人気なのがアクアビューティーの艶つや習慣(つやつや習慣)です。

新着記事

  1. プレマームの口コミと感想
    人気が急上昇中の肉割れクリームがメニーナジューより販売がされている『プレマーム』です。メニー…
  2. くるぶしの黒ずみを解消する方法として重曹を使った方法があります。重曹は基本的には研磨剤などと…
  3. 肘の黒ずみは非常に目立ちます。その為、すぐにでも色が黒いのを解消したいので、即効性のある…
  4. 首や顔に化粧品を使う30代
    首イボや顔イボなど老人性イボを自分で取る方法として人気なのが化粧品や化粧水を使った方法です。…
  5. 10代や20代の女性だけでなく、男女性問わずに悩む肌トラブルが肉割れです。おしりや太ももにく…
PAGE TOP